コモドライフ取材班

おしゃれ

コモドライフ取材班レポート

オリジナルマタニティロゼットの制作現場を取材!使い勝手とデザインにこだわったマタニティロゼットとは?

このページを
保存する

妊娠するとよく見かけるようになるマタニティマーク。バッグにつけている人がいたり、一目でマタニティさんとわかり、まわりの人たちからのヘルプももらいやすかったりしますよね。そんな便利なマタニティマークですが、ちょっとつけづらかったりしますよね?そこでピジョンがロゼットの形にしたマタニティロゼットを制作するとのことで、打合せの現場を取材してきました!

オリジナルマタニティロゼットの制作現場を取材!使い... オリジナルマタニティロゼットの制作現場を取材!使い...

12月の年末押し迫った季節(2019年12月の取材となります)、ピジョンの会議室では女性たちが集まって、わきあいあいと、とあるグッズの企画会議を開いていました。

そのグッズとは、調査でも、妊婦さんの97.4%の人が持っているという結果が出たマタニティマークです。

妊娠中、マタニティマークは持っていましたか?出典: ピジョンインフォで2020年2月に実施した「マタニティマーク、何個持ってる?(持ってた?)」アンケート(回答: 3419件)

どこからかもらってきた、チャーム型のものを、通勤や外出時にバックにつけている方が多いかと思いますが、もっと可愛いのがあったら使いやすいのに…、と思ったことありませんか?きっと、あるはずです。

なぜならば、、、ピジョン社内でそのように思い立った担当者さんがいたのです(笑)

可愛いロゼットで、マタニティ期の気分も盛り上げてあげたいし、何か可愛いマタニティマークを作りたい!その思いで、ピジョン担当者さんは、ハンドメイド作家さん、制作会社さん、ピジョンマタニティ商品担当者さんを集め、会議を始めました。

発案者の担当者さんの頭の中では、アイデアがある程度固まっていました。マタニティマークをロゼットにしたら、かわいいのでは?というアイデアでした。

お呼びしていた、ハンドメイド作家さんは、マタニティロゼットを制作・販売するハンドメイド作家、浦野まりえさんです(コモドライフでも、マタニティ期が楽しくなる、簡単ハンドメイド講座を連載中です)。

ハンドメイド作家、浦野まりえさん浦野まりえ/うらりん(ハンドメイド作家、ラシェリボン講師。M-StyleLuxe認定講師)

さっそく、浦野さんの準備してきた色々なサンプルを見ながらアイデアを固めていきます。

カバンにつけた感じや、リボンの色味も含め細かく調整カバンにつけた感じや、リボンの色味も含め細かく調整

リボンの折り目をうまく作るには熟練の技が入るので、あまり凝り過ぎたものを量産するのは難しいかも…、という制作会社さんのアドバイスにも負けず、プレママのみなさんに、かわいいものをお届けしたい!という担当者さんの熱い思いを話あい、形にしていきます。

様々な組み合わせのマタニティマークロゼットサンプルリボンの素材や色、パターンなど、様々な組み合わせを検討していきます
複数持っていて良かったことのグラフとその他についてのコメント

先ほどの調査でも、『その日の気分で、つけ替えられる』『思い出になる』など、マークとしての機能性ではなく、使って楽しめるという思いも見えてきています。つける部分にもこだわって、一般のマタニティマークでよく見る、チェーンではなく、リボンストラップでの制作にすることも話し合われました。また、マタニティマークをアピールしすぎたくない場面では、裏に返せるように、裏側のデザインに関しても、検討していきます。

検討サンプルのディテールバッグの持ち手に付けやすいリボンストラップと、裏に返した時にもかわいいリボンを検討

マタニティ期間身に着けるマタニティロゼットですが、生まれた後も思い出として大切に取っておいてもらえるものを、との思いを込めて、たくさんの試作を重ねていきます。

話し合い女性に身に着けてもらうものという思いで、専門分野を越えて話し合いにも熱が入ります

そして、出来上がったマタニティロゼットがこちらです!

出来上がったマタニティマークロゼット

女性らしいピンク色のフリルと、ポイントのリボンが目を引く、妊婦フレンズ限定のマタニティマークロゼットです。

マタニティロゼットは、2021年1月29日までの間、下記のページから、『妊婦フレンズ』のLINEアカウントとお友だち登録をしてくださった妊婦さんの中から、毎月抽選で1,000名様にプレゼントをしています!

ぜひ、ご応募をしてみてくださいね!

出来上がったマタニティマークロゼットを持つ浦野まりえさん

※制作中の打合せ画像は、すべて2019年12月に撮影したものとなります。

このページを
保存する

コモドライフ取材班

PROFILE

コモドライフ取材班このライターの記事一覧

楽しい育児をサポートする最新の情報を取材します。

NEW 新着記事はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

2021/10/7

出産祝いをリクエストするならコレ!助産師が選ぶもらってうれしい出産祝い6選

2021/1/8

【小児科医が解説】赤ちゃんの風邪で病院を受診する目安は?小児科と耳鼻科どっちがいい?

2020/12/2

悩ましい赤ちゃんの便秘。家庭でできる改善方法と病院に行くべき目安【小児科医が解説】

2021/7/8

赤ちゃんグッズはなぜ消毒が必要なの?いつまでする?消毒の方法と注意点を助産師が解説

2018/12/3

クリスマスを親子で楽しもう!ゲームやアドベントカレンダーなどアレンジ自在に楽しめる、紙コップでつくる…

2021/7/7

妊娠中に料理酒を含む食事、洋酒入りお菓子は食べられる?アルコールはどこからNG?

2021/8/18

赤ちゃんはなぜ泣くの?泣く原因と対処法を知って育児をラクに!【3児ママ小児科医が解説】

2020/2/4

「チーム育児」のきっかけは、ある先輩ママの言葉だった。「育児イマ LABO」第5回・松本光広さん

2021/11/11

ヘアカットの分担

2021/10/7

出産祝いをリクエストするならコレ!助産師が選ぶもらってうれしい出産祝い6選

2021/1/8

【小児科医が解説】赤ちゃんの風邪で病院を受診する目安は?小児科と耳鼻科どっちがいい?

2020/12/2

悩ましい赤ちゃんの便秘。家庭でできる改善方法と病院に行くべき目安【小児科医が解説】

2021/7/8

赤ちゃんグッズはなぜ消毒が必要なの?いつまでする?消毒の方法と注意点を助産師が解説

2018/12/3

クリスマスを親子で楽しもう!ゲームやアドベントカレンダーなどアレンジ自在に楽しめる、紙コップでつくる…

2021/7/7

妊娠中に料理酒を含む食事、洋酒入りお菓子は食べられる?アルコールはどこからNG?

2021/8/18

赤ちゃんはなぜ泣くの?泣く原因と対処法を知って育児をラクに!【3児ママ小児科医が解説】

2020/2/4

「チーム育児」のきっかけは、ある先輩ママの言葉だった。「育児イマ LABO」第5回・松本光広さん

2021/11/11

ヘアカットの分担

妊娠・出産・育児は、
わからないことがいっぱい。
悩み過ぎず、自分のペースで
行える育児のカタチを紹介していきます。
コモドライフとは?
コモドライフ編集長NOTE