駅すぱあと取材班

やさしいおでかけプロジェクト

vol.11 【田無〜高田馬場〜東京】赤ちゃんとの新幹線での帰省シーンでもお役立ち!「駅すぱあと for Pigeon.info」キッズデザイン賞受賞記念!実際に使って東京駅に行ってみた

帰省や旅行が増えるこのシーズン、赤ちゃんと初めて遠出されるママもいるのでは。今回は、「2017年度キッズデザイン賞」を受賞したママと赤ちゃんに“やさしい”乗り換え案内サービス「駅すぱあと for Pigeon.info」と、ベビーカー「Runfee(ランフィ)」を持って東京駅の新幹線乗り場まで行ってみました。

【田無〜高田馬場〜東京】赤ちゃんとの新幹線での帰省... 【田無〜高田馬場〜東京】赤ちゃんとの新幹線での帰省...

こんにちは! 乗り換え案内サービス「駅すぱあと」の取材班です。
あっという間に年の瀬ですね。みなさんはいかがお過ごしですか。
この年末年始、赤ちゃんを連れて初めてご実家に帰省される方も多いはず。赤ちゃんとの初めての長距離移動は何かと心配事がつきません。

そんなママたちの不安を少しでも解消できるよう、今年「キッズデザイン賞」の審査委員長特別賞を受賞した、ママと赤ちゃんにやさしい乗り換え案内サービス「駅すぱあと for Pigeon.info」を活用したお出かけの様子や、移動時に気をつけるポイントをご紹介します。

<田無駅から出発! いざ東京駅へ>

今回は、自然も多く、子育てファミリーに人気の西東京、西武新宿線・田無駅から、帰省時に多くの方がターミナル駅として利用する東京駅の新幹線乗り場までの“やさしい”お出かけルートを、ベビーカー「Runfee(ランフィ)」とともに調査します!

まずは「駅すぱあと for Pigeon.info」で“やさしい経路”を調べてみましょう!
InstagramやTwitterでは「出かける前に調べておくと安心してお出かけできる」というママの声が多数あがっています。

移動時間の短さを考えると、高田馬場駅から地下鉄を利用する経路がもっとも早く移動できます。ただし、地下鉄は上下の移動が多くて大変です!
帰省ともなると荷物が多く人混みもあるので、なるべくベビーカーを折り畳まずに行きたいですよね。

そこで今回は、「駅すぱあと for Pigeon.info」で1番目に表示された山手線を使ったルート【田無→高田馬場→東京】で行ってみましょう!
やさしさ度は100%。乗換回数が少なくて、移動も楽なやさしい経路のようです。

ご自宅で調べて開いておくと出先でぱっと確認できますよ!

それではさっそく、西武新宿線で高田馬場駅まで進みます。
高田馬場駅は西武鉄道、JR、東京メトロの3つの鉄道会社が絡むターミナル駅です。特に平日の通勤通学時間帯はビジネスマンや学生さんで賑わうので、乗り換え時には気をつけてくださいね。

「駅すぱあと for Pigeon.info」で見ると、降車する高田馬場駅・5番線ホーム(2階)には上下に行けるエレベーターがありました。これでベビーカーを畳まずに行けそうです!

ホームに着いたらエレベーターに向かって歩きます。「JR線のりかえ口」という案内板もありますが、そちらでは階段やエスカレーターになってしまうので、エレベーターのマークを探して進んでいきましょう。

ここで押すボタンは「↓」です。実は、JR連絡改札階である3階に行くと、山手線ホームへのエレベーターに乗れなくなってしまいます!

まずは1階の「ビッグボックス口」から外に出て、JR線早稲田口から山手線へ向かいましょう。エレベーターの壁に「エレベーター経由のりかえ案内」が掲示されているので、チェックしてみてくださいね。

エレベーターを降りたら少し歩いて改札を出て左に進みます。改札を出た先の柱に「←JR山手線」という案内が出ているので安心です!

「早大正門行」のバス停に向かって歩くと左手側に「JR線早稲田口」がありました。
駅に入って改札へ向かいますが、改札の手前に短い階段が出現します。
数段とはいえ、人混みがある中ではベビーカーを折り畳むのは大変ですよね。ご安心ください。実は、階段の右側にエレベーターがあるんです!

エレベーターを降りたら改札を通って右に曲がって進み、今度は左に曲がってまっすぐ歩くと「この先 エレベーター エスカレーター」の文字が。案内通りに進んで山手線ホーム(2階)へのエレベーターに乗りましょう。

ホームに着いたら列車に乗り込みます!

時間帯にもよりますが、山手線は数分に1本の頻度で列車が来るので、ドアがしまる前だったり混んでいたりしたら、慌てず次の列車を待ってみてくださいね。
ちなみに先頭車両の1号車に乗れれば「丸の内南口・八重洲南口」へ行けるエレベーター付近のホームに降りられるので、余裕があったら先頭車両付近まで移動しましょう!

この時はたまたま新型車両「E235系」に乗れました!

<新幹線のりばまでベビーカーで出発!>

東京駅に着いたらエレベーターへ。東京駅は旅行者の方が多く降りられるので、タイミングによっては、なかなかエレベーターに乗れない! ということもあるかもしれません。特に年末年始は混雜しがちなので、余裕をもったスケジュールで進みましょう!

「駅すぱあと for Pigeon.info」で見たところ、こちらのエレベーターに乗ると「改札内南通路」に出るようです。

エレベーターで降りるとすぐそばの柱に案内がありました。現在地もわかるので迷わず行けそうです!

それでは、一番近い「新幹線南のりかえ口」へ進みます。地図上で「車いすのマーク」があるところはスロープになっているので、チェックしてみてくださいね。

階段と階段の間にゆとりのあるスロープが設置されていました。大きなキャリーバッグを持っている時でも、楽に移動できますね!

のりばまで来られたら、あとは前進あるのみ!
新幹線の改札内はエレベーターやスロープが必ずあるので、安心して歩いていきましょう。

今回のお出かけ取材では、東海道・山陽新幹線の16・17番ホームへ。

エレベーターを降りれば、新幹線ホームへ到着です。
「駅すぱあと for Pigeon.info」を活用して、田無駅から東京駅、新幹線まで、ベビーカーを一度も折り畳まずに移動できました!

ピジョンインフォで2017年11月26日~12月4日に実施した『公共交通機関を利用した帰省に関するアンケート』によると、多くのママが帰省の際に「電車(87.8%)」や「新幹線(46.3%)」を利用しつつ、赤ちゃんを連れての公共交通機関を利用した帰省に対して80.5%の方が「とても大変」と回答されていました。

アンケートで寄せられたママたちのお悩みとその解決策をいくつかご紹介します。

【お悩み1】子供がぐずらないか、ぐずってもすぐ泣き止んでくれるか
【解決策1】お菓子、おもちゃを持っていく

【お悩み2】人混みの中、菌に感染しないか心配。また、同じく人混みの中で泣いて周りに迷惑をかけないか不安。
【解決策 2】多目的室に近い車両の予約をした。

【お悩み3】移動中のオムツ替えは初めてのところは場所がわからなくて困る
【解決策 3】なるべく見つけた時に替えるようにする

【お悩み4】子どもの荷物+自分の荷物なのでとにかく大量…
【解決策4】実家にも普段使うもの(オムツやおしりふきやガーゼなど)で置けるものはあらかじめ置いておいてもっていく荷物を減らす

このように、帰省する際ママたちはたくさんの工夫をされていました!
赤ちゃんとの遠出は大変なこともたくさんありますが、事前に準備をしたり工夫したりすることで、もっと楽しくお出かけできるはず。
公共交通機関の設備情報(多目的トイレの場所やエレベーター位置など)は、「駅すぱあと for Pigeon.info」が便利ですので、今年帰省や、ご旅行などのご予定がある方は、ぜひご活用ください!

<参考:新幹線のきっぷを買う時の3つのポイント>

(1)切符を買う時は「みどりの窓口」で「多目的室に近い号車の、前か後ろの端の席をお願いします」と言えばOK!
(2)車いす用のスペースを使わせてもらえることも。
(3)年齢や子どもの人数によって料金が異なるので要注意!

詳しくは「やさしいおでかけプロジェクト」Vol.3で紹介しています。ぜひチェックしてみてください!

<「駅すぱあと for Pigeon」の4つの特長>

(1)乗換回数が少なく、乗換時間に余裕をもたせた経路がわかる
(2)エレベーターやエスカレーターがない駅を避けた経路を検索できる
(3)ハート型の「やさしさ度」で、移動しやすい経路を一覧、比較できる
(4)駅のエレベーターやエスカレーター、多目的トイレなどの設備情報が見られる

ピジョンインフォ会員の方限定でお使いいただけます。詳しくはサービス紹介ページをご覧ください!

駅すぱあと取材班

PROFILE

駅すぱあと取材班このライターの記事一覧

乗り換え案内「駅すぱあと」の中のひとびとが、赤ちゃんとそのご家族が楽しくおでかけをするために役立つ情報を発信します。
URL:http://www.val.co.jp/

NEW 新着記事はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

2018/11/12

商品企画デザイナーの考える「育児用品」とは?2018年度グッドデザイン賞受賞展取材レポート

2017/5/29

ちまたで話題のメニューで料理のやる気をUP! 『カクたこ』

2016/7/12

これがお手本!上手に赤ちゃんに母乳を飲んでもらう方法。

2018/11/22

「一目瞭然」

2018/8/3

妊娠中に産後3ヵ月までの生活をイメージしておこう!「授乳期の応援お願いシート」

2018/9/21

「寝起きのごほうび」

2016/7/20

新生児〜1才までの赤ちゃんの寝かしつけと夜泣きのこと

2016/12/12

ベビーカー利用のママが新幹線を快適に利用するための「魔法の言葉」はこれ! 帰省も旅行も安心、かしこい…

2016/12/19

【渋谷駅ダンジョン編】赤ちゃんと一緒に電車で遠出チャレンジ!「駅すぱあと」担当者が教えるベビーカーで…

2018/11/12

商品企画デザイナーの考える「育児用品」とは?2018年度グッドデザイン賞受賞展取材レポート

2017/5/29

ちまたで話題のメニューで料理のやる気をUP! 『カクたこ』

2016/7/12

これがお手本!上手に赤ちゃんに母乳を飲んでもらう方法。

2018/11/22

「一目瞭然」

2018/8/3

妊娠中に産後3ヵ月までの生活をイメージしておこう!「授乳期の応援お願いシート」

2018/9/21

「寝起きのごほうび」

2016/7/20

新生児〜1才までの赤ちゃんの寝かしつけと夜泣きのこと

2016/12/12

ベビーカー利用のママが新幹線を快適に利用するための「魔法の言葉」はこれ! 帰省も旅行も安心、かしこい…

2016/12/19

【渋谷駅ダンジョン編】赤ちゃんと一緒に電車で遠出チャレンジ!「駅すぱあと」担当者が教えるベビーカーで…