天神尚子

子育てエール!専門家による、ママパパ応援コラム

vol.88

分娩方法の種類はなにがある?バースプランはどう作る?産婦人科医が解説します!

分娩方法が多様化する昨今、どんな方法で産むか悩んでいる妊婦さんは多いのではないでしょうか。「できるだけ薬は使いたくない」という方もいれば「痛みを軽減させたい」という方もいるでしょう。出産は大きなライフイベントのひとつ。自分にあった方法を選びたいですよね。 そこで今回は分娩方法にはどんなものがあるのか、またバースプランについて、産婦人科院長の天神先生に教えていただきました。

分娩方法の種類はなにがある?バースプランはどう作る... 分娩方法の種類はなにがある?バースプランはどう作る...

分娩方法にはどんなものがあるの?

生まれてすぐの赤ちゃん

出産方法は、大きくわけて経膣分娩と帝王切開があります。

経膣分娩

ママの陣痛やいきみによってママの産道を通ってきた赤ちゃんを膣から産む方法です。経膣分娩のなかにもさまざまな種類があります。ここでは主なものをご紹介します。

●自然分娩

経膣分娩にもさまざまな種類があるなかで一般的に多い方法です。自然の流れに任せて陣痛が進むのを待ち、子宮口が全開大になったところで分娩室へ移動して分娩台で出産します。

また、お産の進行は自然の流れに任せつつ、分娩台を使用しないフリ―スタイル出産、水中出産のような出産方法もあります。

・フリ―スタイル出産

出産する人が、「こうすると陣痛がラク」などと感じる方法を試しながら自由なスタイルで出産する方法です。分娩台ではなく、ベッドや畳の上などで、うつぶせ、横向き、膝立ちになったりしながら自分で体勢を選ぶことができます。

・水中出産

ぬるめのお湯を入れた浴槽やプールの中で出産する方法。入浴の効果でリラックスできたり、重力の影響を受けにくく自由な体位がとりやすいなどの特徴があります。感染や溺れるリスクなどがあるため、対応している施設は少ないようです。

●無痛分娩/和痛分娩

分娩時の痛みを和らげるために麻酔を使用する方法です。血圧低下や微弱陣痛になるなどのリスクも少々ありますが、ママの意識はしっかりしたまま、陣痛の痛みだけを和らげて出産できます。完全に痛みがなくなるわけではありませんが、痛みが和らぐことで精神的にリラックスできるだけでなく、お産の進みがスムーズになる、体力の消耗が少なくすむなどの傾向もあるといわれています。

帝王切開

ママのおなかを切開して赤ちゃんを取り出す出産方法で、「予定帝王切開」と「緊急帝王切開」の2種類があります。

●予定帝王切開

妊娠中に経膣分娩での出産が難しいと判断されたときに計画的におこなわれる帝王切開です。逆子や双子や三つ子などの多胎である、前回の出産が帝王切開、子宮筋腫などの合併症がある、前置胎盤(胎盤が子宮口にかかって塞いでいる状態)、赤ちゃんの頭がママの骨盤より大きいなどの場合に判断されます。

●緊急帝王切開

妊娠中や分娩中に、ママまたは赤ちゃんにトラブルが起こり、一刻も早く赤ちゃんを取り出す必要があるときに緊急でおこなわれる帝王切開です。赤ちゃんが生まれてくる前に胎盤が剥がれかけている、首などに巻かれたへその緒が圧迫されて酸素が赤ちゃんに届きにくくなっている、陣痛がきたけれど子宮口がなかなか開かずお産が長引いている、胎内感染など、さまざまなケースがあり、緊急度も状況により異なります。

バースプランのメリットと注意点

医師と相談している妊婦さん

妊婦さんがどんな出産をしたいか、計画や希望をまとめたものをバースプランといいます。「フリースタイルで出産したい」「アロマと音楽でリラックスしたい」などの希望を用紙に書いて産院に提出する場合もあります。

バースプランを立てるメリットは、妊婦さんが、出産と向き合って心の準備ができること、産院に希望を伝えることで納得のいく自分らしいお産に近づけやすいことです。

ただし、必ずしも希望がかなうとは限りません。産院によっては受けられない希望もあるので、産院選びの段階で確認しておく必要があります。また、母子の安全が優先なので状況によって対応できなくなるものもあります。

まとめ

出産する方法に個性が出るのは自然なこと。少しでも納得できる出産が迎えられるよう、妊婦さん自身が安心できる方法を選べるとよいですね。体調に不安がある、出産に強い不安があるなどの場合、一度産院を訪れて医師に相談してみるのもよいと思います。

ただし、お産は希望が必ずしも叶うわけではありません。自然分娩を予定していた場合も、逆子のため帝王切開になることもあります。最も大切なことはママと赤ちゃんの安全であることも心にとめておいてくださいね。

天神尚子

PROFILE

天神尚子このライターの記事一覧

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長
日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、1995年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

NEW 新着記事はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

2021/1/30

分娩方法の種類はなにがある?バースプランはどう作る?産婦人科医が解説します!

2019/1/24

「さいしょのいっぽ」

2020/9/6

陣痛がくるとどうなるの?陣痛の痛みを和らげる4つの方法【助産師が解説】

2021/3/1

ママになっても自分らしく。人気スタイリストに教えてもらう、自分らしさの秘訣とは

2021/4/8

我が家のオムツ替え

2020/11/10

【ママ助産師が選ぶ】出産で本当に役立つ入院バッグに入れておきたい持ち物リスト

2021/3/12

マタニティブルースとは?約半数のママが経験する?予防方法、対処法を産婦人科医が解説

2021/3/26

妊婦さんが便秘になりやすいのはなぜ?便秘の予防法と解消法を産婦人科医が伝授します

2021/3/13

出産する産院は何を基準に選べばいい?産婦人科医が考える産院選びで大切なポイントとは

2021/1/30

分娩方法の種類はなにがある?バースプランはどう作る?産婦人科医が解説します!

2019/1/24

「さいしょのいっぽ」

2020/9/6

陣痛がくるとどうなるの?陣痛の痛みを和らげる4つの方法【助産師が解説】

2021/3/1

ママになっても自分らしく。人気スタイリストに教えてもらう、自分らしさの秘訣とは

2021/4/8

我が家のオムツ替え

2020/11/10

【ママ助産師が選ぶ】出産で本当に役立つ入院バッグに入れておきたい持ち物リスト

2021/3/12

マタニティブルースとは?約半数のママが経験する?予防方法、対処法を産婦人科医が解説

2021/3/26

妊婦さんが便秘になりやすいのはなぜ?便秘の予防法と解消法を産婦人科医が伝授します

2021/3/13

出産する産院は何を基準に選べばいい?産婦人科医が考える産院選びで大切なポイントとは

コモドライフ編集長NOTE