コモドライフ取材班

小児科医×助産師さんが語る!しあわせ授乳までの道

vol.3 困ったときは専門家の助けを借りよう

「にっこり授乳期研究会」の小児科医の堀内先生と助産師の宮下先生に、産後すぐのママと赤ちゃんについてのお話を詳しく伺いました。3回目は、トラブルや困ったときの対処法などについてお聞きします。

困ったときは専門家の助けを借りよう 困ったときは専門家の助けを借りよう

ーー堀内先生、宮下先生は、長く出産・育児の現場でママのサポートをしてくださっていますが、最近のママたちを見て感じることはありますか?

堀内先生
核家族化、少子化の流れもあり、出産や子育てをイメージしづらい時代になっていますよね。自分が出産して初めて、産まれたての赤ちゃんに触れた、というママがほとんどです。

宮下先生
この時代だからこそ、助産師のようにママをサポートする専門家の力が必要とされているように感じます。赤ちゃんや自分のケアをしてくれる人が、母親のイメージになるんですよね。例えば、抱っこをする、おむつを替える、着替えをする、授乳後にゲップをさせるなど、具体的な行動をやってみせると、それがママにとって「こうすればいいんだ」との発見になり、今後の行動の指針になるんです。見本を見せるだけでなく、ママが恐る恐るやってみる授乳や抱っこを、「それでいいのよ」「そのままでOK」と認めてあげて、不安を取り除いてあげることも大切です。この点は、助産師だけではなく、ご家族でもできることですよね。

ーー赤ちゃんに話しかけてあげて、と言われて、何を話したら良いのかわからない、というママもいます。

宮下先生
確かにそう言うママはいますね。難しく考えることはなく、思ったこと、感じたことをそのまま赤ちゃんに話せばOKです。こんなことを話しかけて、早期教育にこれは適しているのか?なんてこと、考えなくて良いのです。

堀内先生
赤ちゃんは、ママの表情や声のトーンをすべて感じています。ママが喜べば、赤ちゃんもうれしい。ママがふと感じたことを言葉で共有すれば、赤ちゃんにも伝わって、気持ちが通じ合っているんですよ。

堀内先生

ーー授乳や育児で、自分では解決できないようなトラブルがあったり、悩んだときはどうしたら良いのでしょうか?

宮下先生
乳首が痛かったり、おっぱいが張りすぎたり、授乳がツラくて仕方がない、というときは、迷うことなく母乳外来を訪ねてください。最近は、おっぱい外来、おっぱいサロン、授乳相談室など、いろいろな名称で相談を受け付けているところがあるので、妊娠中に授乳や育児について相談できるところを探しておきましょう。痛みや張りなど明確なトラブルがなくても、授乳間隔が一定しない、赤ちゃんが飲んでいるとは思えない、母乳が出ているか心配、など困ったときには気軽に相談してくださいね。

堀内先生
悩みをママ自身の言葉にして、それを聞いてもらうだけでも、気分は楽になるんです。

宮下先生
そう、ママが話したことを聞いてくれる人がいて、親身になって考えてくれる。それがとても大切なんです。抱えてきたことを吐き出し、聞いてもらえて気持ちが楽になると、血流が良くなって、おっぱいが軽くなるんです。それだけで授乳の悩みが解消することがよくあるんですよ。早ければ早いほど良いので、悩みがあったらすぐに母乳外来に来てください。

宮下先生

ーーいろいろな角度から出産直後のママたちに役立つ話をお聞かせいただき、ありがとうございました!最後に、これから出産を迎えるママたち、今まさに悩んでいるママたちにアドバイスをお願いします。

堀内先生
私は新生児医療の分野に長く関わっていて、そこで気づいたのが、産んだだけでは親にはなれない、ということです。悩みながら、試行錯誤しながら、混乱しながら親になる。その期間は産後2ヵ月ほどなのですが、それを乗り越えれば楽しくなります。今回お話したことや、ムービーで語られていることは、この産後2ヵ月までに直面する混乱や悩みの現実と、その理由や対処法です。知っていた方が、産後に「こんなはずじゃなかった」とあせったり、悩みすぎたりになることも少ないと思います。

宮下先生
今回のムービーでは、産後3ヵ月までのママたちの本音が語られています。この期間にフォーカスして、リアルな言葉を聞く機会はなかなかないと思うので、ぜひ聞いてください。また、助産師としては、もっとママたちをサポートする活動が必要だと感じています。困ったとき、悩んだときは、ぜひ助産師に相談してくださいね。

これからママになる女性、今まさに悩んでいるママたちにとって、とても心強いお話をたくさん聞かせていただきました!ピジョンの「にっこり授乳期研究会」は、今後もママたちが笑顔で授乳できることを目指し、さまざまな活動をしていきます。ぜひ今後にご注目ください!

コモドライフ取材班

PROFILE

コモドライフ取材班

楽しい育児をサポートする最新の情報を取材します。

NEW 新着記事はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

2018/6/19

ベビーカー「Bingle(ビングル)」に夏限定カラーが登場! お出かけレポート【パート3】 お子様連れに大人…

2016/7/12

これがお手本!上手に赤ちゃんに母乳を飲んでもらう方法。

2017/8/1

プレママにインタビュー! 気になる「妊娠線ケア」は、どうしてる?

2017/9/8

胎動の感じ方で、お腹の中の赤ちゃんの動きがわかる!?医師が教える胎動の種類とは

2016/12/12

ベビーカー利用のママが新幹線を快適に利用するための「魔法の言葉」はこれ! 帰省も旅行も安心、かしこい…

2018/4/13

働くプレママに聞きました!通勤マタニティコーデ、どうしてる?

2016/12/19

【渋谷駅ダンジョン編】赤ちゃんと一緒に電車で遠出チャレンジ!「駅すぱあと」担当者が教えるベビーカーで…

2018/6/21

博士と助手が育児を助ける?!IoTで夫婦の育児共有化計画~ご紹介編~

2016/7/20

新生児〜1才までの赤ちゃんの寝かしつけと夜泣きのこと

2018/6/19

ベビーカー「Bingle(ビングル)」に夏限定カラーが登場! お出かけレポート【パート3】 お子様連れに大人…

2016/7/12

これがお手本!上手に赤ちゃんに母乳を飲んでもらう方法。

2017/8/1

プレママにインタビュー! 気になる「妊娠線ケア」は、どうしてる?

2017/9/8

胎動の感じ方で、お腹の中の赤ちゃんの動きがわかる!?医師が教える胎動の種類とは

2016/12/12

ベビーカー利用のママが新幹線を快適に利用するための「魔法の言葉」はこれ! 帰省も旅行も安心、かしこい…

2018/4/13

働くプレママに聞きました!通勤マタニティコーデ、どうしてる?

2016/12/19

【渋谷駅ダンジョン編】赤ちゃんと一緒に電車で遠出チャレンジ!「駅すぱあと」担当者が教えるベビーカーで…

2018/6/21

博士と助手が育児を助ける?!IoTで夫婦の育児共有化計画~ご紹介編~

2016/7/20

新生児〜1才までの赤ちゃんの寝かしつけと夜泣きのこと