十倉陽子

毎日のこと

子育てエール!専門家による、ママパパ応援コラム

vol.7

妊娠期間を無理なく夫婦で楽しむ2つのこと!

このページを
保存する

妊娠中はつわりに始まる急激な体の変化に戸惑うことも多いかと思います。大変な時期ですが、赤ちゃんが産まれるまでの2人きりで過ごせる最後の貴重な時間でもあります。この期間を安全に、楽しんで過ごすためのヒントにしてくださいね!

妊娠期間を無理なく夫婦で楽しむ2つのこと! 妊娠期間を無理なく夫婦で楽しむ2つのこと!

夫婦2人でウォーキング

妊娠中の適度な運動は体力の低下を防ぎ、お産のための体力を維持できたり、ストレス解消に役立つというメリットがあります。ただし、相手と接触の多いスポーツや体を激しく動かすスポーツは、重心や骨格ラインの変化や妊娠による心臓への負荷のため、妊娠中には向いていません。

息が少し上がる程度の運動として、お2人でお子さんの名前などを相談しながらウォーキングを楽しまれてはいかがでしょうか。

また、その際は妊婦検診で医師に運動許可をもらい、妊婦さんの体調の良い時間で、高温多湿の環境を避けて運動してくださいね。

おいしいご飯を夫婦2人でゆっくり食べる

つわりが終わってお出かけしやすい安定期に入った頃には、出産後、赤ちゃん連れではなかなか行けなくなるような場所へ、夫婦でお出かけしておくのも良いでしょう。

近年、妊娠中の体型の変化を気にするあまり、痩せ過ぎている妊婦が増えているようです。妊娠中期では普段のお食事に250キロカロリー、後期だと450キロカロリーを上乗せした食事量が必要になります。

行き過ぎた体重管理を行うより、時間のある妊娠中にご夫婦でよく話し合って、メニューやお店を考えてみてはいかがでしょう。ただし、受動喫煙してしまうような飲食店へのお出かけ、飲酒、体力的に無理のあるスケジュールでの旅行は避けてくださいね。

【最後に】

夫婦で楽しみながら過ごすことは、赤ちゃんを一緒に育てるパートナーとのより強い協力体制を築くことに繋がり、産後の大変な時期も乗り越えていきやすくなるもの。その準備を妊娠中から始めておきましょう。

このページを
保存する

十倉陽子

PROFILE

十倉陽子このライターの記事一覧

大学卒業後、総合診療、家庭医、地域医療を初期研修で学び、産婦人科医局に入局。
婦人科良性腫瘍手術、性感染症、女性医療、婦人科悪性腫瘍、周産期医療、新生児治療の研修を踏まえ、現在は不妊治療専門施設に勤務。体外受精を含む不妊治療を中心に、その他女性のトラブル全般に対応できる女性の全人的医療者を目指しています。二児の母。現在英ウィメンズクリニック勤務。

NEW 新着記事はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

2021/7/8

時間帯での分担

2021/8/4

助産師ママが選んだ、あると便利な育児グッズ11選~実際に役立ったものはコレ!~

2021/8/5

妊娠中、骨盤はどう変化する?妊婦帯と骨盤ベルトの正しいつけ方と選び方【助産師監修】

2021/1/30

分娩方法の種類はなにがある?バースプランはどう作る?産婦人科医が解説します!

2018/10/12

ハロウィンを親子で楽しもう!カラフルペットボトルおばけで輪投げあそび

2016/7/12

これがお手本!上手に赤ちゃんに母乳を飲んでもらう方法。

2020/2/20

初めてのお宮参り

2021/5/18

マタニティインナーは本当に必要?ブラやショーツや妊婦帯などの選び方を助産師が解説

2021/4/23

【新生児の準備リスト】絶対必要なベビーグッズ、あると便利なベビーグッズを助産師が解説

2021/7/8

時間帯での分担

2021/8/4

助産師ママが選んだ、あると便利な育児グッズ11選~実際に役立ったものはコレ!~

2021/8/5

妊娠中、骨盤はどう変化する?妊婦帯と骨盤ベルトの正しいつけ方と選び方【助産師監修】

2021/1/30

分娩方法の種類はなにがある?バースプランはどう作る?産婦人科医が解説します!

2018/10/12

ハロウィンを親子で楽しもう!カラフルペットボトルおばけで輪投げあそび

2016/7/12

これがお手本!上手に赤ちゃんに母乳を飲んでもらう方法。

2020/2/20

初めてのお宮参り

2021/5/18

マタニティインナーは本当に必要?ブラやショーツや妊婦帯などの選び方を助産師が解説

2021/4/23

【新生児の準備リスト】絶対必要なベビーグッズ、あると便利なベビーグッズを助産師が解説

妊娠・出産・育児は、
わからないことがいっぱい。
悩み過ぎず、自分のペースで
行える育児のカタチを紹介していきます。
コモドライフとは?
コモドライフ編集長NOTE