やさしいおでかけプロジェクトvol.26

赤ちゃんとのお出かけにぴったりの複合施設GREEN SPRING内にある「PLAY! MUSEUM」と「PLAY! PARK」。子どもの自由でクリエイティブな才能を引き出し、赤ちゃんからアートを楽しめると人気の2つのスポットを親子で楽しみました!

2022/9/22
赤ちゃんとのお出かけにぴったりの複合施設GREEN SPRI... 赤ちゃんとのお出かけにぴったりの複合施設GREEN SPRI...

赤ちゃんと一緒にベビーカーでおすすめスポットを訪れる「お出かけシリーズ」。前回に続き、フットワーク軽くお出かけができるコンパクトなデザインと赤ちゃんの快適性を追求したBingle BB2を相棒に、東京都立川市のGREEN SPRINGS内にある複合文化施設「PLAY!」を訪れました。

前回の「お出かけシリーズ」では東京都立川市にあるGREEN SPRINGSを訪れ、赤ちゃん連れでも楽しめるさまざまなスポットを体験しました。今回はその一角にある複合文化施設「PLAY!」へ。ママの文室彗子さんと1才のりく君に引き続き楽しんでもらいました。

GREEN SPRINGSの芝生広場とパブリックスクエアに面した複合文化施設の「PLAY!」。中には美術館「PLAY! MUSEUM」と子どものための屋内広場「PLAY! PARK」 が入っています。

「『PLAY!』は、オープン当初からメディアやお友達の間で話題になっていてずっと遊びに来たかったスポットです。りくも玩具遊びができるようになってきたので、PARKの室内遊びを楽しめるといいなと思っています。そして、りくはじつは美術館に来るのは初めてなので、MUSEUMの展示にどんな反応をするかワクワクしますね」

まず、文室さん親子が向かったのは「PLAY! MUSEUM」。ここは「絵とことば」をテーマにした、子どもから大人まで誰でも自由に感じて発見できる「ありそうでない」美術館。2020年6月のオープン以来、エリック・カールやtupera tupera、『がまくんとかえるくん』、酒井駒子、ミッフィー、柚木沙弥郎、『ぐりとぐら』など、世代を超えて愛される名作絵本や独自の感性で素晴らしい作品を発表するアーティストを紹介しています。文室さん親子はこの日、2022年10月2日(日)まで開催中のみんなが大好きな「クマのプーさん」の展覧会を鑑賞しました。

エントランスにあるポスターの前で。「赤ちゃん連れだとなかなか美術館には行きづらくて、りくは今回初体験です。大好きな絵本がテーマにもなっているので、楽しんでくれるといいな」エントランスにあるポスターの前で。「赤ちゃん連れだとなかなか美術館には行きづらくて、りくは今回初体験です。大好きな絵本がテーマにもなっているので、楽しんでくれるといいな」

さっそく、文室さんはベビーカーのまま展示室の中へ。美術館というと、壁や台の上に作品が展示してあるのが一般的なイメージですが、「PLAY! MUSEUM」では床に置かれていたり、壁にかけられた作品も子どもの視線の高さに合わせて低めに配置されているなど、親子に嬉しい心遣いが随所に見られます。また、五感で楽しめるように、音や香り、照明、インスタレーションなどが所々で効果的に用いられ、まさに体験型のミュージアムです。

趣向がこらされた展示は、子どもの好奇心も引き出してくれます。趣向がこらされた展示は、子どもの好奇心も引き出してくれます。
りく君はさまざまな展示物を指差して興味津々。作品はもちろん、美術館という空間全体も楽しんで何かを感じ取っているようです。りく君はさまざまな展示物を指差して興味津々。作品はもちろん、美術館という空間全体も楽しんで何かを感じ取っているようです。

「PLAY! MUSEUM」をたっぷり堪能した後は、「未知との出会い」が合言葉の「PLAY! PARK」へ。子どもが自由に考えて遊びを創造することができる屋内広場で、クッション材で囲われた「大きなお皿」や、あたりまえにある身近な素材でモノづくりができる「ファクトリー」など7つのエリアに分かれています。「PLAY! PARK」では、家の中のモノをテーマにした企画が半年ごとに行われ、今回訪れた際には「布」をテーマにした「Let’! PLAY! NUNO!」企画を開催中でした。

「大きなお皿」は年齢制限なし。広いスペースで伸び伸びと身体を動かして遊ぶ子どもたちの様子が見られます。布の企画に合わせて、天井から大きな布が吊り下げられていました。「大きなお皿」は年齢制限なし。広いスペースで伸び伸びと身体を動かして遊ぶ子どもたちの様子が見られます。布の企画に合わせて、天井から大きな布が吊り下げられていました。※現在「布の遊具」は終了しています。
3歳未満の子ども専用エリア「小さなお皿」。世界各国の知育玩具も揃い、さまざまな玩具との初めての出会いも提案。「年齢でエリアが分かれているので、赤ちゃんも安心して遊ばせられますね」3歳未満の子ども専用エリア「小さなお皿」。世界各国の知育玩具も揃い、さまざまな玩具との初めての出会いも提案。「年齢でエリアが分かれているので、赤ちゃんも安心して遊ばせられますね」

PLAY! PARKキュレーター 小栗里奈さん

「PLAY! PARKはモノの形や素材などを自分で見て考え、自由に遊びを生み出して遊ぶ空間です。日替わりのワークショップや、週末にはゲストを招いたイベントやライブも企画しています。クリエイターやスタッフとして携わる芸術大学の学生が子どもと一緒に遊びをつくり上げているのですが、むしろ子どもたちが見つけた遊びを私たちが追いかけてサポートしているイメージかもしれません。ここにいると、子どもの発想の柔軟さや可能性をとても感じますね」

りく君もハイハイでPARK内を移動しながら、さまざまな遊具を自由に楽しんでいました。りく君もハイハイでPARK内を移動しながら、さまざまな遊具を自由に楽しんでいました。
遊んで疲れたら、休憩できるスペースもあります。離乳食の持ち込みもOK。遊んで疲れたら、休憩できるスペースもあります。離乳食の持ち込みもOK。

さて、「小さなお皿」のエリア付近には、何やら白い布で円形に囲われたスペースが。中を覗いてみると、そこはなんとオムツ替えや授乳をするための一室になっています。

PLAY! PARKキュレーター 小栗里奈さん

「一般的に、オムツ替えや授乳のスペースはエレベーターや階段などメインの場所とは離れた建物の隅につくられることが多いと思います。ですが、PLAY! 設計を担当し、また館長も務める手塚貴晴は、あえて遊び場の中にそれらを設計しました。しかも高い壁で区切るのではなく、周囲で遊ぶ子どもの気配を感じられるように布で囲っているんですよ」

ユニークで温かみを感じるオムツ替えと授乳スペース。「遊んでいる子どもの声が聞こえるので、赤ちゃんもリラックスした状態でオムツ替えや授乳ができていいですね」ユニークで温かみを感じるオムツ替えと授乳スペース。「遊んでいる子どもの声が聞こえるので、赤ちゃんもリラックスした状態でオムツ替えや授乳ができていいですね」
授乳スペースには、ウォーターサーバーや体をしっかり支えてくれるハイバックの椅子も完備。「授乳は喉が乾くので、とても嬉しい心遣いですね」授乳スペースには、ウォーターサーバーや体をしっかり支えてくれるハイバックの椅子も完備。「授乳は喉が乾くので、とても嬉しい心遣いですね」
「PLAY! PARK」キュレーター 小栗里奈さん

「PLAY! PARK」キュレーター 小栗里奈さん

「私たちスタッフはいつもこの広場で子どもたちがどんな風に遊びを生み出しているのか観察したり、一緒に遊んだりしています。日々、驚きや発見でいっぱいですね。親子や赤ちゃんでも参加できるワークショップもたくさんあるので、ぜひ遊びにきてください。子どもたち以上に、パパやママが夢中になって遊ぶ様子も見られますよ(笑)」

「PLAY!」をたっぷり楽しんだ文室さん親子。最後に、併設されているカフェで一休みしました。このカフェでは「PLAY! MUSEUM」の展覧会に関連したオリジナルの料理やスイーツ、ドリンクが楽しめます。授乳中の文室さんはカフェインレスのルイボスティをオーダーしました。

ゆったりとした座席の配置なので、ベビーカーのまま入店も可能です(混雑状況にもよります)。ゆったりとした座席の配置なので、ベビーカーのまま入店も可能です(混雑状況にもよります)。
文室さんとりく君

―「PLAY! PARK」と「PLAY! MUSEUM」はいかがでしたか?

文室さん
「布や枕のような玩具以外のモノを使って子どもに遊びを生み出させるアイデアはすごいなと思いました。知育玩具も他では見たこともないものばかりで、りくも夢中で遊んでいましたね。授乳やオムツ替え、休憩のスペースは利用者のことをとても考えてつくられていて、また清潔で気持ちよく利用できました。そして、MUSEUMは展示の仕掛けがさまざまで、最後まで赤ちゃんでも飽きずに楽しめたのはよかったです」

― お散歩のお供の「Bingle BB2」はいかがでしたか?

文室さん
「MUSEUMでは床に作品が展示してあり、気をつけながらベビーカーを押していたのですが、軽い力でスイスイ小回りが利くのでラクに移動できてとても便利でした。途中の傾斜がついた場所も重さを感じずにスイスイ!シートの高さが高いので子どもの様子も間近に観察できました。Bingle BB2のおかげで、子どもと一緒により一層作品を楽しむことができました。カフェでもテーブルとの高さがちょうどよく、ベビーチェア代わりに使えてスムーズでしたね」

「軽くて小回りの利いた走行のおかげで、作品鑑賞に集中できました。他のお客様の迷惑にならないのもいいですね」「軽い力でスイスイと小回りが利くので、作品鑑賞に集中できました。他のお客様の迷惑にならないのもいいですね」
「コンパクトなので座席のそばにおいても場所を取らず、机に届く高さなのでベビーチェアを用意する手間が省けるのがいいですね。パパのいない私と子どもだけのお出かけも多いので、とても助かりますね」「コンパクトなので座席のそばにおいても場所を取らず、机に届く高さなのでベビーチェアを用意する手間がいらずにいいですね。パパのいない私と子どもだけのお出かけも多いので、とても助かりますね」
「PARKでは入り口でベビーカーをたたんだのですが、片手でワンタッチで扱えて、さらに自立をしたのでとても便利でした。赤ちゃんを乗せていないときも、たたんだ状態でキャリーケースのように引っ張って歩けるのも、いざというときに便利ですよね」

―文室さん、りく君、今日は1日ありがとうございました。

「次は家族みんなで遊びにきたいと思います。ここなら1日たっぷり遊べますね!」

※撮影のときのみ、周囲に配慮しながらマスクを外しています。

PLAY! ●取材協力
PLAY!

住所:東京都立川市緑町3-1 GREEN SPRINGS W3棟
TEL:042-518-9627(PLAY! PARK)
   :042-518-9625(PLAY! MUSEUM)
https://play2020.jp/

コモドライフ取材班

PROFILE

コモドライフ取材班このライターの記事一覧

楽しい育児をサポートする最新の情報を取材します。

RELATED 関連情報はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

妊娠・出産・育児は、
わからないことがいっぱい。
悩み過ぎず、自分のペースで
行える育児のカタチを紹介していきます。
コモドライフとは?
コモドライフ編集長NOTE