平床政治

パパ料理人・平床政治の妻に作ってあげたい料理

簡単おいしい丼メニュー「豚ステーキの味噌漬け丼」

ナレーター/ミュージシャンであり、ケータリングユニットmafioとしても活躍する平床政治さんは、4児のパパ。そんな政治さんに、「妻に食べさせたい料理」をテーマに、腕を振るってもらいました。モデルである妻・asacoさんの妊娠中・産後に、実際に作っていたメニューもご紹介!今回は、料理初心者パパ向け!産後のママに作ってあげたい、料理が楽しくなる料理です。

簡単おいしい丼メニュー「豚ステーキの味噌漬け丼」 簡単おいしい丼メニュー「豚ステーキの味噌漬け丼」

ーー産後のママ向けにという「豚ステーキの味噌漬け丼」は、どのような料理なんでしょうか?

政治さん
肉や魚などを味噌につけた味噌漬けは簡単でとてもおいしい。そこで、一晩漬けおきした豚のリブステーキをグリルして、豪快に丼にしたのがこのメニューです。ごま油とレモン汁で締めたシャキシャキの白髪葱と合わせると食欲をそそります。asacoにとっては、このメニューが、産前に匂いがダメで食べられなくなったごま油の復活祭になりました(笑)。

ーー初心者でも作れるメニューなのでしょうか。

政治さん
手が込んでそうに思えるお肉の漬け込みレシピですが、実はとても簡単なんです。タレに放り込んで、あとは時間を置いて焼けばいいだけなので、初心者向きです。漬けるのは好きで、粕漬けやぬか漬けもやっています。

ーー一度食材を漬けるメニューに挑戦したら、ハマるパパは多いかもしれませんね。asacoさんが初めて食べた政治さんの手料理も、豚を使ったメニューだったそうですね。

asacoさん
塩豚でしたね。でもそのときはお肉が苦手で食べられなくて申し訳なかったんです。政治くんは、私がちょっとダイエットしようものなら、ジャマしてくる。「もっと食べなさい」と、まるでお母さんのようです(笑)

料理をする政治さん

RECIPE

豚ステーキの味噌漬け丼

所要時間:20分(豚の漬け込み時間を除く)

材料(2人分)

豚リブorロース厚切り…2枚 熱々のご飯 …2人分

A
お好みの味噌…大さじ4
ごま油 …大さじ3
酢… 大さじ2
豆板醤 …小さじ2
ニンニク…1片(すり下ろし)
しょうが …小1片(すり下ろし)

ピーマン… 1個
塩… 少々
白ネギ… 6-7cmほど
ごま油… 大さじ1
レモン汁… 大さじ1


作り方

  • 1.まず、Aをすべて混ぜ合わせて漬け込み味噌を作る。
  • 2.キッチンペーパーなどで水気をよく取ったら豚肉に、Aを両面すき間なく丁寧に塗る。これを冷蔵庫で一晩(6〜10時間)寝かせる(塩気の強い味噌は漬け込み時間を少なめにするなど、味噌の塩味によって調整)。
  • 3.付け合わせのピーマンは千切りにして塩を少し振ってジップ付きポリ袋で揉み、10分ほど置いておく。
  • 4.白ネギは細かく千切りにして、辛味を抜くために10分ほど水にさらす。水気を取り、ごま油とレモン汁、塩を加えて白髪葱を完成させる。
  • 5.一晩漬け込んだ豚肉の味噌を取り、魚焼きグリルで弱火で両面焼く。正味10分強。
  • 6.熱々のご飯を器に盛り付け、焼き上がった豚を適宜スライスして並べ、付け合わせの野菜を盛り付けて完成。

調理のPOINT

ジップ付きポリ袋で作業すると便利

つけ合わせ用のピーマンの塩揉みは、ジップ付きポリ袋で作業すると便利。ピーマンの他にもキャベツ、きゅうり、大根、セロリなど、冷蔵庫にある野菜で代用可!

白ネギはこんな風に水にさらしておきます

白ネギはこんな風に水にさらしておきます。このひと手間で、辛みが抜けるだけでなく、シャキッと食感よく仕上がる。

豚肉は、バットや平たいお皿などで漬け込む

豚肉は、バットや平たいお皿などで漬け込む。

味噌はこれくらいきれいに取り除いてからグリルに

味噌はこれくらいきれいに取り除いてからグリルに。焦げやすいので、弱火を厳守!

平床政治

PROFILE

平床政治このライターの記事一覧

日本語・英語のバイリンガルとして「声」を生業とするナレーター。いつの間にか4児の父となり、妻でモデルであるasacoとフードユニットmafioを展開している。ミュージシャンとして、 Hermann H. & The PacemakersやAthensでのバンド活動も行い、多角的に生きることを目標とする1977年生まれの双子座。
Instagram:平床政治 https://www.instagram.com/hiratoko_seiji/
Instagram:マフィオ https://www.instagram.com/hiratoko_mafio/

(撮影/矢部ひとみ 編集/羽田朋美(Neem Tree))

NEW 新着記事はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

コモドライフ編集長NOTE