大畑陽子

毎日のこと

先輩パパとママの毎日コラム

vol.438

子育てで学ぶこと、感じること。「子どもを産んで変化した私」

このページを
保存する

子どもが苦手だったというカメラマンの大畑陽子さん。自分の子どもが産まれてからの心境とは?

子育てで学ぶこと、感じること。「子どもを産んで変化... 子育てで学ぶこと、感じること。「子どもを産んで変化...

いつか子どもは欲しいと思っていました。けれど大人になってからの生活は、年を重ねるごとに面白くなり、仕事では自分を必要とされることに高揚感を得たり、お金も自由に使えてちょっと高い服を買ってみたり、夜遅い時間に一人でサクっと飲みに出かけたり。好きなものを好きなときに食べて、好きなときに好きな人に会って、都会は毎日が刺激的で、まさに謳歌していました。

そのころの私は、子どもはそりゃあかわいいと思うけれど、かわいいと思うのはだいたいはじめの5分だけで、「私は友達と話したいのに、子どもがいるとおしゃべりもままならないな」とか、最終的には子どもが好きとか、かわいいと言う人は、自分のこといい人にみせようと思って言っているのでは……なんて酷いことを本気で考えていたりしました。

自分に子どもがいる未来になんだか現実味が湧かなくて、私って冷たいな、こんな私でも母親になれるのかしら、こんなに自分一番の私が無償の愛を子どもに注げるの?と心配になっていました。

そうこうしているうちに、私にも結婚したいと思える人が現れ、自然な流れでこの人との子どもが欲しいと思うようになり、結婚して三年目でおなかに赤ちゃんが来てくれました。

待望の赤ちゃん。検査薬で陽性が出たときは信じられなくて、うれしさと同時に不安が襲ったのを覚えています。ああ、仕事ものぼり調子なのにどうしよう。大好きだったお酒も今日からもう飲めないんだ。これからは子どものための生活に変わるんだな。不安、不安、不安……。

病院に通った末に授かった赤ちゃんだったのに、私の頭は不安でいっぱい。それからの妊婦生活はトラブルの連続で、不安を抱えながらも、私は必死におなかの子を守りました。それなのに自分のおなかに赤ちゃんがいることに現実味がなくて、うにょうにょと動くおなかが気持ち悪く感じてしまったこともありました。

お馬さんの枕と赤ちゃん

そんな妊婦生活を乗り越え、元気な男の子を無事に出産。出てきた息子を初めて見た瞬間のことを今でも覚えています。「おおお、本当にいた!」ほっとしたのと同時にそう思ったのでした。

ずっと抱えていた不安をよそに、産まれてきてくれた我が子は最高にかわいくて、私は小さなことにいちいち感動し涙するという子育てが始まりました。おなかの中にいたときの不安なんてなんのその、いくらでも見ていられる愛おしさ。この子のためなら自分のことなんて二の次三の次、私にできることならなんだって、この子にとって一番良いことをしてあげたいと思うように変化しました。

このころはお酒の場に行けない寂しさはあれど、そんなの全部後回しになりました。私が自分以外の人間のためにこんなに一生懸命になれるなんて、まったく想像できなかったこと。これが人間の本能というものなのかと驚きました。

「案ずるより産むが易し」、10ヵ月という妊娠期間は、最後まで不安を抱えつつも、ちゃんと私を母親にしてくれていたようです。

出産してから私の心境の変化は目覚ましいものでした。この子がただ息をしているだけで幸せ。小さい手が温かいだけで幸せ。鼻くそすら愛おしい。からだ中に生える黄金の産毛がかわいくてたまらなくて、うんちの匂いすらアロマに感じます。子育ては思っていた以上に大変で、メンタルだってぼろぼろ。なのにセロトニン(幸せホルモン)大放出。

これまでの人生も幸せだったけれど、「子どもを産んでいる人たちは、こんな幸せを既に知っていたのか」と驚愕でした。先輩たち、みんな素晴らしいよ。

子どもが苦手だった自分はどこへやら、気が付くとどの子も皆かわいい。顔がかわいいとかそういうのじゃなくて、その存在そのものが愛おしい。戸惑うくらいの心境の変化でした。

おばあちゃんと赤ちゃん

おばあちゃんによく言われるのです。「子育てをしているときが一番幸せだよ、大変だけどねぇ」その言葉にはすごく重みがあって、きっと今は必死で毎日をどうにかやり過ごす日々だけど、きっと年老いて振り返るとこの日々が、涙が出るほど愛おしい思い出として残るのだろうなぁ。

スーパーに買い物に行ったときなど、気づくと目尻を垂らしてとろけそうな顔で息子を見ているおばあちゃん達に時々出会います。あのおばあちゃん達はきっと子育て経験者で、子どもって存在がかわいくて仕方ないのだろうな、そしてきっと私もそんなおばあちゃんになる気がしています。

このページを
保存する

大畑陽子

PROFILE

大畑陽子このライターの記事一覧

フォトグラファー。自然光での人物撮影を得意とする。大事にしているのは表情。現在写真集の出版と写真展の開催を企画中。
https://www.o-hatayo-ko.com/

(制作 * エチカ)

NEW 新着記事はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

2021/8/18

赤ちゃんはなぜ泣くの?泣く原因と対処法を知って育児をラクに!【3児ママ小児科医が解説】

2021/8/19

新生児訪問ってなにをするの?申込方法、費用は?里帰り先にも来てもらえる?【助産師解説】

2021/8/11

離乳食の役割

2018/10/12

ハロウィンを親子で楽しもう!カラフルペットボトルおばけで輪投げあそび

2021/7/7

妊娠中に料理酒を含む食事、洋酒入りお菓子は食べられる?アルコールはどこからNG?

2021/8/5

妊娠中、骨盤はどう変化する?妊婦帯と骨盤ベルトの正しいつけ方と選び方【助産師監修】

2021/10/7

出産祝いをリクエストするならコレ!助産師が選ぶもらってうれしい出産祝い6選

2021/10/2

こいもらいふ 「うんちよ出てこい」

2017/9/8

胎動の感じ方で、お腹の中の赤ちゃんの動きがわかる!?医師が教える胎動の種類とは

2021/8/18

赤ちゃんはなぜ泣くの?泣く原因と対処法を知って育児をラクに!【3児ママ小児科医が解説】

2021/8/19

新生児訪問ってなにをするの?申込方法、費用は?里帰り先にも来てもらえる?【助産師解説】

2021/8/11

離乳食の役割

2018/10/12

ハロウィンを親子で楽しもう!カラフルペットボトルおばけで輪投げあそび

2021/7/7

妊娠中に料理酒を含む食事、洋酒入りお菓子は食べられる?アルコールはどこからNG?

2021/8/5

妊娠中、骨盤はどう変化する?妊婦帯と骨盤ベルトの正しいつけ方と選び方【助産師監修】

2021/10/7

出産祝いをリクエストするならコレ!助産師が選ぶもらってうれしい出産祝い6選

2021/10/2

こいもらいふ 「うんちよ出てこい」

2017/9/8

胎動の感じ方で、お腹の中の赤ちゃんの動きがわかる!?医師が教える胎動の種類とは

妊娠・出産・育児は、
わからないことがいっぱい。
悩み過ぎず、自分のペースで
行える育児のカタチを紹介していきます。
コモドライフとは?
コモドライフ編集長NOTE