前村詩織

毎日のこと

先輩パパとママの毎日コラム

vol.441

火山のふもとで深呼吸「移住への道のりと子どもの誕生 〜東京発、ヨーロッパ経由、長野行き〜」

このページを
保存する

浅間山の裾野に暮らすピラティスインストラクターの前村詩織さん。2021年春に蕗乃ちゃんが仲間入りし、家族5人に。初登場の今回は、東京から長野へ移住した道のりと蕗ちゃんの誕生についてです。

火山のふもとで深呼吸「移住への道のりと子どもの誕生... 火山のふもとで深呼吸「移住への道のりと子どもの誕生...

衣食住の何に重きを置くかは人それぞれ。くいしんぼうのわたしには昔から「食」が圧倒的に重要で、食べるものに比べたら着るものと住む場所にはそれほど執着がなかった気がします。けれども、子どもが生まれてから「どんな家に住みたい?」と聞かれたら、ぼんやりと頭に浮かぶイメージがありました。

キッチンで夕飯の用意をしているわたし。子どもたちが外で遊んでいる。夕暮れが近づいてきた。ご飯が炊けた、お味噌汁も湯気を立てている。ぷ〜んとお魚が焼き上がるにおい…しゃもじを片手に大きな窓をガラッと開けて叫ぶ。

「おーい、ご飯できたよ〜!」

今まさに、浅間山のふもとの小さな町で、夫と、3人の子どもたちと、こんな素朴な生活をしています。

家の裏手にて。隣の国有林にはニホンカモシカが住んでいます。家の裏手にて。隣の国有林にはニホンカモシカが住んでいます。

2020年11月、大きくなりつつあったおなかを抱え、上二人の子どもたちが生まれ育った東京・品川区から長野県に移住してきました。4ヵ月後、コロナ禍にもめげず元気におなかから飛び出してきた次女には、長野の長い冬がゆるみ、ちらほらと顔を出し始めたふきのとうにちなんで蕗乃(ふきの)と名づけました。家族で唯一の長野生まれ、生粋の信州っ子です。

蕗ちゃんの誕生を祝い、この春はふきのとうの天ぷらが何度も食卓に上りました。蕗ちゃんの誕生を祝い、この春はふきのとうの天ぷらが何度も食卓に上りました。

移住の経緯を話すと長くなるのですが、自己紹介も兼ねて簡単にお話することにします。今からちょうど4年前。長男が1年生、長女が3才のとき、当時会社員だった私たち夫婦は、3ヵ月の休暇を取り、ひと夏かけて家族でヨーロッパを回りました。東京での暮らしに違和感を持ちつつ、働きながら子育てするのに精一杯だったころ。目の前のタスクをこなすだけで過ぎていく毎日に、一旦立ち止まり、これからの暮らしを考える時間の必要性を感じていました。都市でも田舎でも、クリエイティブに生活している人たちからインスピレーションを得たかったのです。

フランス、スイス、イタリア、ドイツ、オランダ、フィンランド。wwoofやworkawayといったホストファミリーを探す仕組みを利用しつつ、夫もわたしもヨーロッパに留学経験があり、各国に友人も多かったため、滞在先には困りませんでした。

電気も水道もないフランスの奥地で新規就農の農家を手伝ったり、フィンランドでは現地の小学校に潜入したり、ミュンスター彫刻プロジェクトやドクメンタ、ベネチアビエンナーレといった芸術祭を巡ったり、友人家族の家で暮らしぶりを見せてもらったり…単身ではなく家族で回るヨーロッパ。学生時代とは違い、親の視点になると改めて気がつくことも多く、とにかく刺激的な日々でした。

フランス・リムーザンで、朝のマルシェのお手伝い。フランス・リムーザンで、朝のマルシェのお手伝い。

帰国すると、自分たちもどこかに拠点を持って活動をしたいという欲がむくむくと湧いてきました。もともと東京育ちではない私たち夫婦にとって、ずっと東京で子育てすることにどこかしっくりきていなかったのも事実です。

拠点を持つなら、土に近くて、できれば十分な“余白”があるところがいい。そうして始まった移住先探しは、案外すんなりと、友人家族が縁のあった長野県御代田町(みよたまち)に浅間山を臨む広大なアカマツ林を見つけたことで終結しました。2家族で分けるには大きな土地だったので、付き合いのあったほかの家族にも声をかけ、結局5家族で土地を購入。土地の分筆や開発申請などを夫たちが中心になって体当たりでこなし、家が建つまでには、紆余曲折、じつに3年以上の月日がかかりました。

土地を購入してから家が建つまで、東京から足しげく通ってはキャンプならぬ野営を楽しみました。仲間たちと道具小屋を建てたり、焚き火をしたり、DIYサウナをしたり。土地を購入してから家が建つまで、東京から足しげく通ってはキャンプならぬ野営を楽しみました。仲間たちと道具小屋を建てたり、焚き火をしたり、DIYサウナをしたり。

妊娠中に東京から長野へ。生まれてすぐに仮住まいから新居への引っ越し、そして未完成の新居に暮らしながらDIYを繰り返す…妊娠中も、生まれてからも、しばらくは目が回るような変化が続きましたが、蕗ちゃんにはどこ吹く風。家族中の愛情を一身に受けながら、すくすくと育っています。

お兄ちゃんもお姉ちゃんも小さな妹を溺愛。蕗ちゃんの取り合いで喧嘩することもしばしば。お兄ちゃんもお姉ちゃんも小さな妹を溺愛。蕗ちゃんの取り合いで喧嘩することもしばしば。

親になって10年が経ちました。もう10年、まだ10年。子どもたちとの暮らしはいつだって新鮮な驚きに満ちています。

このページを
保存する

前村詩織

PROFILE

前村詩織このライターの記事一覧

ピラティスインストラクター。日本で十数名しか保有していないオーストラリアのピラティス国家資格を取得し、ASICS Sports Complex TOKYO BAYなどでクラスを受け持つ。2020年長野に拠点を移し、フリーのインストラクターとして働きながら一男二女の子育て中。
https://www.instagram.com/shiorilates/

(制作 * エチカ)

NEW 新着記事はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

2021/10/7

出産祝いをリクエストするならコレ!助産師が選ぶもらってうれしい出産祝い6選

2021/1/8

【小児科医が解説】赤ちゃんの風邪で病院を受診する目安は?小児科と耳鼻科どっちがいい?

2020/12/2

悩ましい赤ちゃんの便秘。家庭でできる改善方法と病院に行くべき目安【小児科医が解説】

2021/7/8

赤ちゃんグッズはなぜ消毒が必要なの?いつまでする?消毒の方法と注意点を助産師が解説

2018/12/3

クリスマスを親子で楽しもう!ゲームやアドベントカレンダーなどアレンジ自在に楽しめる、紙コップでつくる…

2021/7/7

妊娠中に料理酒を含む食事、洋酒入りお菓子は食べられる?アルコールはどこからNG?

2021/8/18

赤ちゃんはなぜ泣くの?泣く原因と対処法を知って育児をラクに!【3児ママ小児科医が解説】

2020/2/4

「チーム育児」のきっかけは、ある先輩ママの言葉だった。「育児イマ LABO」第5回・松本光広さん

2021/11/11

ヘアカットの分担

2021/10/7

出産祝いをリクエストするならコレ!助産師が選ぶもらってうれしい出産祝い6選

2021/1/8

【小児科医が解説】赤ちゃんの風邪で病院を受診する目安は?小児科と耳鼻科どっちがいい?

2020/12/2

悩ましい赤ちゃんの便秘。家庭でできる改善方法と病院に行くべき目安【小児科医が解説】

2021/7/8

赤ちゃんグッズはなぜ消毒が必要なの?いつまでする?消毒の方法と注意点を助産師が解説

2018/12/3

クリスマスを親子で楽しもう!ゲームやアドベントカレンダーなどアレンジ自在に楽しめる、紙コップでつくる…

2021/7/7

妊娠中に料理酒を含む食事、洋酒入りお菓子は食べられる?アルコールはどこからNG?

2021/8/18

赤ちゃんはなぜ泣くの?泣く原因と対処法を知って育児をラクに!【3児ママ小児科医が解説】

2020/2/4

「チーム育児」のきっかけは、ある先輩ママの言葉だった。「育児イマ LABO」第5回・松本光広さん

2021/11/11

ヘアカットの分担

妊娠・出産・育児は、
わからないことがいっぱい。
悩み過ぎず、自分のペースで
行える育児のカタチを紹介していきます。
コモドライフとは?
コモドライフ編集長NOTE