十倉陽子

子育てエール!Doctors Me 専門家による、ママパパ応援コラム

vol.15

胎動を感じたら、赤ちゃんとコミュニケ―ションをとってみよう♪

お腹に赤ちゃんを宿して、初めて赤ちゃんの動き(胎動)を感じたときのママの感動は、きっと忘れることができないと思います。今回は、お腹の中の赤ちゃんに話しかけてあげることの大切さをご紹介します。

胎動を感じたら、赤ちゃんとコミュニケ―ションをとっ... 胎動を感じたら、赤ちゃんとコミュニケ―ションをとっ...

お腹の中の赤ちゃんに、声は聞こえるの?

妊娠8週頃には耳の原型ができ、諸説ありますが16〜20週ごろには音を認識することができるようになるといわれています。ママの声やお腹の消化音、子宮の血流音、心音など、かなりにぎやかなお腹の中で育っていき、28〜30週頃には外界の音も認識できるようになるといわれています。ただし、赤ちゃんは羊水の中にいるため、プールの中で聞こえるような、くぐもった音で聞こえていると考えられます。それでも、直接聞こえてくるママの声は聞き分けることができるとされています。

赤ちゃんの脳への刺激について

胎児はお腹の中で、体の器官や様々な感覚がめざましい成長を遂げます。赤ちゃんにはママが話していることの細かい内容はもちろんわかりませんが、ママがリラックスして話しかけると、それが赤ちゃんにも伝わり、とても良い刺激となります。

話しかけたことによる出産後の影響とは?

話しかけが習慣になっているママは、生まれた後もどんどん話しかけていき、赤ちゃんの脳の発達にさらに大きな影響を与えるでしょう。胎児の頃から赤ちゃんへ話しかけることでママの自覚が芽生え、幸福感が増すこともママのメリットといえます。

最後に

話しかけがもたらす赤ちゃんへの効果は、科学的にまだ全てが証明されたわけではありませんので、話しかけなければ…と義務的になる必要は全くありません。ママと赤ちゃんが幸せな気持ちになれるよう、少しずつ無理のない範囲で話しかけてみましょう。きっと楽しく貴重な妊娠ライフを過ごせると思いますよ。

押しやすさで選べば、ベビーカーはシングルタイヤ
十倉陽子

PROFILE

十倉陽子このライターの記事一覧

大学卒業後、総合診療、家庭医、地域医療を初期研修で学び、産婦人科医局に入局。
婦人科良性腫瘍手術、性感染症、女性医療、婦人科悪性腫瘍、周産期医療、新生児治療の研修を踏まえ、現在は不妊治療専門施設に勤務。体外受精を含む不妊治療を中心に、その他女性のトラブル全般に対応できる女性の全人的医療者を目指しています。二児の母。現在英ウィメンズクリニック勤務。

NEW 新着記事はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。