かみやかやこ

毎日のこと

先輩パパとママの毎日コラム

vol.367

愛するプニプニ「パパになっていく夫」

このページを
保存する

イラストレーターかみやかやこさんの子育てダイアリー。付き合っていた彼が、夫になり、パパになる。未来はそうなるのかな、と思っていた相手だけど、どんなパパになるのだろう。想像していた通りのパパになるのだろうか。いつ、どの瞬間からパパになるのだろう。今回はパパが生まれたお話。

愛するプニプニ「パパになっていく夫」 愛するプニプニ「パパになっていく夫」

「赤ちゃんが出来たかもしれません」

生理が来なくなり、まだ妊娠検査薬も試してなかった頃、夫に伝えたとき、またまた〜。とニヤニヤしていた。なんとなく女の勘が働いて、そわそわと翌日に検査薬を試すとハッキリとした陽性。わたしたち夫婦に突然やってきた天使のお告げ。

男の人は生まれるまで実感が湧かないものだよ。と以前の会社の男性上司たちも言っていたが、夫もそうだった。ただ、健診でもらってきた、エコー写真の白くボヤっとした我が子の人生初写真で、やっとほんの少しだけ、実感が出たらしい。

それならば!どんどん実感を湧かせてやろうと、まずは妊娠本を買ってきた。自分自身初の妊娠だったので、これから自分の体に何が起きるのか知りたかったし、夫にも知っていて欲しかった。そして赤ちゃん成長確認アプリをダウンロードした。今週は小豆大だって!今、内臓作ってるんだって!と毎晩報告するのが日課になった。そんなある日、夫が俺もダウンロードしたんだ〜と見せてきた。どうやら少しずつ理解し始めたらしい。しめしめ。

お皿洗いなどもやってくれた

つわりで辛いとき、部屋中のいい香りのものを処分してもらったり、お皿洗いなどもやってくれた。ごはんは作れないから、ほぼ外で食べてきてもらったし、つわり期間を寝たきりで過ごせたのは、夫の協力があったからだ。

それでも、おむつは変えられないよ〜。と言っていた夫。まぁそうは言っても、絶対やるよね。とは思っていた。オムツバケツは臭い漏れしなさそうな、夫も扱いやすいようなものを選び、やってもらう気満々で赤ちゃんグッズは揃えた。

重りのついた妊娠体験エプロンをつけ、ニヤニヤする夫

妊娠後期に入り、病院や区の父母学級を二人で受講した。重りのついた妊娠体験エプロンをつけ、ニヤニヤする夫。「これはエプロンだから、実際の妊婦が感じてる重力とは違うと思う」まぁ、確かにそうだとは思うが、そのくらい大変だっていうことなんだから、重たいね〜大変だねぇ。くらい言いなさいよ。

そして、エプロンつけたまま床に座って、靴下を履く体験をして苦戦している夫をみて、ほれほれ〜大変だろ〜。と動画撮りながらニヤニヤ眺めていた。しかし、重たいエプロンつけたまま、病院の5階まで上り下りしていたのは、さすがにかわいそうだった。妊婦の私なら絶対エレベーターを使う。そして、赤ちゃん人形をみて笑う夫。私も笑えてしまった作りなので、気持ちはわかるが。しかし、楽しんでいたようで何より。帰りの焼肉屋で飲んでいたビールは美味しそうだった。

夫は確実に妊娠発覚時よりもパパになる自覚が成長している。足がつった、刺身が食べたい、とヒーヒー言う妻を労わり、会社帰りに「父になるということ」的な本を買ってきた。日曜大工などさらさらしないはずが、ベビー家具を組み立ててくれたり、どんどん行動するようになった。

生まれた瞬間から、可愛くてしょうがないデレデレ顔が止まらない

そして、ついに娘が生まれた。パパも生まれた。生まれた瞬間から、可愛くてしょうがないデレデレ顔が止まらない。入院面会のときに、授乳クッションを持ってきてね。とお願いすると、授乳クッションが汚れないように、クッションカバーを外して、ビニール袋に梱包してきてくれた心遣いに感激した。退院のときの洋服持ってきて。とお願いすると、クリーニング仕上がり並みに綺麗に角揃えて畳んで持ってきてくれた。そんなことできたのか!出会って7年目で初めて知った。

里帰り中も「やらない」と言っていたおむつ替えをやってくれた。そして夜間授乳のときも、一緒に起きていた(あぐらかきながら船漕いでいたが)。

里帰り後、自宅に帰った後も、帰宅時間をいつもより早めてくれていた。夕食の時間には帰宅して、順番に娘を抱き、あやしながら、夕食をゆっくりとることもできた。

現在、娘はパパ大好きで、ごっこ遊びではパパは王子様役だ(ママは悪役)。パパの筋トレには率先して付き合うし、ママに買ってもらえないお菓子はパパにねだる。それでいい。休日、娘がパパにべったりなだけで、ママは心から助かる。そして、ママは平日に娘と一緒に過ごす時間の中で、パパがどんなに素敵な人か、子どもに言い聞かせる。これが我が家の今のところのいい役割分担だ。

このページを
保存する

かみやかやこ

PROFILE

かみやかやここのライターの記事一覧

多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。デザイナーを経て、イラストレーターとして独立。2018年に女の子、2021年に男の子を出産。愛情たっぷり注ぎながら、子育てを楽しんでいる。好きなものは、海、コーヒー、いい香り、植物、ドラマ、美容情報、美味しい食べ物、アイドル。
http://kamiyakayako.com/
https://www.instagram.com/kamiyakayako/

(制作 * エチカ)

NEW 新着記事はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

2021/10/7

出産祝いをリクエストするならコレ!助産師が選ぶもらってうれしい出産祝い6選

2021/1/8

【小児科医が解説】赤ちゃんの風邪で病院を受診する目安は?小児科と耳鼻科どっちがいい?

2020/12/2

悩ましい赤ちゃんの便秘。家庭でできる改善方法と病院に行くべき目安【小児科医が解説】

2021/7/8

赤ちゃんグッズはなぜ消毒が必要なの?いつまでする?消毒の方法と注意点を助産師が解説

2018/12/3

クリスマスを親子で楽しもう!ゲームやアドベントカレンダーなどアレンジ自在に楽しめる、紙コップでつくる…

2021/7/7

妊娠中に料理酒を含む食事、洋酒入りお菓子は食べられる?アルコールはどこからNG?

2021/8/18

赤ちゃんはなぜ泣くの?泣く原因と対処法を知って育児をラクに!【3児ママ小児科医が解説】

2020/2/4

「チーム育児」のきっかけは、ある先輩ママの言葉だった。「育児イマ LABO」第5回・松本光広さん

2021/11/11

ヘアカットの分担

2021/10/7

出産祝いをリクエストするならコレ!助産師が選ぶもらってうれしい出産祝い6選

2021/1/8

【小児科医が解説】赤ちゃんの風邪で病院を受診する目安は?小児科と耳鼻科どっちがいい?

2020/12/2

悩ましい赤ちゃんの便秘。家庭でできる改善方法と病院に行くべき目安【小児科医が解説】

2021/7/8

赤ちゃんグッズはなぜ消毒が必要なの?いつまでする?消毒の方法と注意点を助産師が解説

2018/12/3

クリスマスを親子で楽しもう!ゲームやアドベントカレンダーなどアレンジ自在に楽しめる、紙コップでつくる…

2021/7/7

妊娠中に料理酒を含む食事、洋酒入りお菓子は食べられる?アルコールはどこからNG?

2021/8/18

赤ちゃんはなぜ泣くの?泣く原因と対処法を知って育児をラクに!【3児ママ小児科医が解説】

2020/2/4

「チーム育児」のきっかけは、ある先輩ママの言葉だった。「育児イマ LABO」第5回・松本光広さん

2021/11/11

ヘアカットの分担

妊娠・出産・育児は、
わからないことがいっぱい。
悩み過ぎず、自分のペースで
行える育児のカタチを紹介していきます。
コモドライフとは?
コモドライフ編集長NOTE