中村亮子

先輩パパとママの毎日コラム

vol.351

きみと一緒、あたらしい時間「赤ちゃんとワークショップ」

料理創作ユニットGomaの中村亮子さんの子育て日記。今回のテーマは、フィンランド発祥の「カラーバス」という赤ちゃんためのワークショップ体験記です。

きみと一緒、あたらしい時間「赤ちゃんとワークショッ... きみと一緒、あたらしい時間「赤ちゃんとワークショッ...

フィンランド在住のテキスタイルデザイナー島塚絵里さんからお誘いを受けて、息子が生後8ヵ月の頃、参加させてもらったのが「カラーバス」という赤ちゃんのためのワークショップでした。

フィンランド語では「Värikylpy(色のおふろ)」という名前のこのワークショップは、フィンランド・ポリ市の子ども文化センターとポリ市美術館が一緒になって開発したもので、赤ちゃん教育の盛んな国ならではの楽しい試み。絵里さんは娘さんと一緒にワークショップを受けた後、インストラクターの資格を取得され、日本での展示の際に開催するに至ったそう。

ふだんはフィンランドに住んでいる絵里さんが日本で開催する機会はとても少ないので、これを逃すまい!と二つ返事で参加しました。持ち物は特になく、ただ「汚れてもいい格好で」とのこと。ワクワク。8ヵ月の息子、もちろんワークショップ初参加です。

場所はとある室内スペース。建物内にお家のような木の小屋が建てられ、その中に靴を脱いで上がる方式。一面には汚れてもいいような対策が取られ、床にいる赤ちゃんの前には大きな厚手の紙がそれぞれ敷かれています。

きれいな色の絵の具を紙の上にポトリポトリと落としてくれるところからスタート

さあ、何が始まるのか…と、親の私の方がワクワクしてしまいます。ワークショップは、絵里さんがきれいな色の絵の具を紙の上にポトリポトリと落としてくれるところからスタート。絵の具といっても全てフルーツのピュレやカカオパウダーなどの食材のこと。親も安心です。最初はじーっと紙を見てた息子がちょっと触り始めました。

他の色のピュレが来て、ゴシゴシと混ぜ合わせてます

お、どうなるかな?他の色のピュレが来て、ゴシゴシと混ぜ合わせてます。目がキラキラ。ちょっと楽しそう。

と、途中まではよかったのですが、この後渡されたゴムベラをちょっと舐め始めた時、彼は気づいてしまったのです!

「あれ?これ、おいしい!」

「あれ?これ、おいしい!」ってことに!

そこからはずーっとピュレのついたゴムベラをしゃぶり続け、手はもちろんのこと顔中が大変なことに…。口、鼻、ほっぺた、果てはおでこにも謎のおいしいペイントが…(笑)

口、鼻、ほっぺた、果てはおでこにも謎のおいしいペイントが…(笑)

「紙よりも顔がキャンバスになってるし!!」と心の中でツッコミを入れる母でした。赤ちゃんが集中できるのは30〜40分ということで、あっという間にワークショップは終わったのですが、後半のほとんどはゴムベラをねぶることに集中していた息子でした。食いしん坊のDNA恐るべし。

ゴムベラをねぶりながら、紙に向かう姿はちょっとしたアーティストに見えなくはない?ゴムベラをねぶりながら、紙に向かう姿はちょっとしたアーティストに見えなくはない?

そんなこんなで出来上がった作品はこちら。

息子のはじめてのアート作品?となりました。息子のはじめてのアート作品?となりました。

色合いがセンスがいいので、何となく格好がいい感じにも見えました(笑)。しかしいい体験でした。

仕事柄、子どもたちへのワークショップは長年しているものの、さすがに赤ちゃんを対象にしたことはなかったのですが、いろんな物事への配慮さえすれば、赤ちゃんの時から何かに参加するというのもとても面白いな、と思いました。触った感覚、匂い、それを操る感覚。覚えてなくても記憶の何処かで、何かのスイッチになるかもしれない。

このワークショップに参加したことで、何についても「赤ちゃんだからまだ早い」と、思わなくてもいいのかもしれないと気づかせてくれた気がします。

いいタイミングでどんなことに出会えるかはわかりませんが、何でも参加してみることで、いろんな価値観がまた変わることがあるってこと。赤ちゃんとの生活では本当に気づきが多かったかもしれません。

ちなみにワークショップ終了後、ゴムベラを取り上げたら泣いた息子。ブルーベリーピュレがかなりおいしかったようです。ちなみにワークショップ終了後、ゴムベラを取り上げたら泣いた息子。ブルーベリーピュレがかなりおいしかったようです。
中村亮子

PROFILE

中村亮子このライターの記事一覧

食や子どもをテーマに料理、雑貨デザインなど幅広く活動している料理創作ユニットGomaを従姉妹のアラキミカと主宰(www.gommette.com)。媒体での作品発表他、ものづくりワークショップ開催なども行う。著書に、絵本へんてこパンやさんシリーズのレシピ本『12つきのおはなし&パンレシピ』(フレーベル館刊)、『かんたん☆かわいい♡だいすきクッキング』(あかね書房刊図書館シリーズ)、レシピ付き絵本『へんてこパンやさん』(フレーベル館刊)など子どもに向けてのものも多数。

(制作 * エチカ)

NEW 新着記事はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

2019/11/1

陣痛の時もスイーツ!?

2020/5/21

離乳食開始

2020/12/2

悩ましい赤ちゃんの便秘。家庭でできる改善方法と病院に行くべき目安【小児科医が解説】

2020/11/10

【ママ助産師が選ぶ】出産で本当に役立つ入院バッグに入れておきたい持ち物リスト

2020/12/1

ママやパパの体の負担をラクにする「疲れにくい」抱っこの姿勢とは?

2016/7/12

これがお手本!上手に赤ちゃんに母乳を飲んでもらう方法。

2021/1/18

こうすると、ゴチャゴチャしない!赤ちゃんがいても、すっきり暮らせるアイデア

2017/9/8

胎動の感じ方で、お腹の中の赤ちゃんの動きがわかる!?医師が教える胎動の種類とは

2020/9/6

陣痛がくるとどうなるの?陣痛の痛みを和らげる4つの方法【助産師が解説】

2019/11/1

陣痛の時もスイーツ!?

2020/5/21

離乳食開始

2020/12/2

悩ましい赤ちゃんの便秘。家庭でできる改善方法と病院に行くべき目安【小児科医が解説】

2020/11/10

【ママ助産師が選ぶ】出産で本当に役立つ入院バッグに入れておきたい持ち物リスト

2020/12/1

ママやパパの体の負担をラクにする「疲れにくい」抱っこの姿勢とは?

2016/7/12

これがお手本!上手に赤ちゃんに母乳を飲んでもらう方法。

2021/1/18

こうすると、ゴチャゴチャしない!赤ちゃんがいても、すっきり暮らせるアイデア

2017/9/8

胎動の感じ方で、お腹の中の赤ちゃんの動きがわかる!?医師が教える胎動の種類とは

2020/9/6

陣痛がくるとどうなるの?陣痛の痛みを和らげる4つの方法【助産師が解説】

コモドライフ編集長NOTE