かみやかやこ

毎日のこと

先輩パパとママの毎日コラム

vol.378

愛するプニプニ「母ちゃんの勲章」

このページを
保存する

イラストレーターかみやかやこさんの子育てダイアリー。かみやさんの腕に常にあった内出血の跡。そして肩のあたりの謎の小さなカサブタ……これらは全部、娘さんとの生活の中で生まれたもの。今回はそんな「母ちゃんの勲章」についてのお話です。

愛するプニプニ「母ちゃんの勲章」 愛するプニプニ「母ちゃんの勲章」

赤ちゃんとの生活では、ママの生傷は絶えない。赤ちゃんからの不意打ち傷。自分で作る傷。様々な要因があるが、日常接していると、予測できるようになり、ある程度、防げるようになる。しかし出産を経ているせいなのか、歳を重ねているせいなのか、治りが遅い。たぶん、生傷の要因は様々だが、これからママ・パパになる方の参考になればと、我が家の娘の攻撃例を紹介したいと思う。

攻撃1:ひっかき

攻撃1:ひっかき

赤ちゃんの爪は薄くて、すぐ伸びる。赤ちゃん時期は、ほぼ毎日切っていた気がする。それでも、私の唇、顔、腕、胸、肩など全身に小さな点々のカサブタができる。こんな小さな傷、赤ちゃんにしかつけられない。というようなかわいい傷。抱っこすれば、すぐできる。たくさん抱っこすればするほど、あちこち小さなカサブタ傷。ちなみに、これは朝起きると、赤ちゃんのかわいい顔にも傷がついたりするので、要注意。そして、よその赤ちゃんのほっぺたも、全力でむしり取る勢いで掴んだりするので、遊ばせているときは、ひやひやだ。ただ、赤ちゃんの回復は早い。私は顎とほっぺたに傷がついたときは、しばらく毎朝晩、化粧水が染みて痛かった。

攻撃2:気づかないうちのあざ

攻撃2:気づかないうちのあざ

赤ちゃんが泣いていると、思わず抱き上げようと駆け寄るのが、ママ。そんなとき、赤ちゃんのことばかり考えているので、知らないうちに家具にふくらはぎや太ももをぶつけていることが多々ある。お風呂に入っていて、あら?このあざは?と思うのは大抵それ。夜間授乳でフラフラと暗闇の中、キッチンに向かうとき、街中でベビーカーの幅に気を取られているときなど。シチュエーションは様々だ。

攻撃3:子ども風邪

攻撃3:子ども風邪

我が家の娘は本当に病気知らずで、1年に1度くらいしか熱を出さない。しかし、だからこそ、私は油断してしまう。一度、ヘルパンギーナを娘からもらい、かかったときは、飲むことも食べることも辛かったので、4日間点滴に通った。子ども風邪は非常に強いので、お気をつけあれ。

攻撃4:落下物

攻撃4:落下物

赤ちゃんはまだ握力が安定していないので、持っているものがよく落下する。もしくは、腕を振り回したときに、ぶつかる。だいたい、ママの顔周りで赤ちゃんは行動するので、うとうとしてしまったとき、おもちゃが眉間に激突したりする。一度、娘だけ早起きした朝方に、まだ寝ていた私の鼻にプラスチック製のコップがヒットしたときは、本当に鼻が折れたかと思った。すっきり起きてニコニコの娘とすやすや眠る夫に挟まれながら、ベッドの上で痛み悶えた。

攻撃5:おっぱい愛

攻撃5:おっぱい愛

なんといっても、これ。大事な栄養源でもあり、赤ちゃんが大好きなおっぱい。吸ってるとき、噛まれる。チキチキと爪を立てる。日常的に何気なく、まさぐられて、つねられる。歯がないからと侮ることなかれ。卒乳の頃には、授乳激戦に打ち勝った勲章のように、立派な母親らしいおっぱいになる。ちなみに、これはママだけでなく、上裸になったパパにも起きることなので要注意。

攻撃6:泣き幻聴

攻撃6:泣き幻聴

なんだか寝室で泣いている気がする……。しっかり寝かしつけしたはずなのに。そっとベッドを見に行くと、すやすや寝ている。日中聞きすぎているせいなのか、耳から離れない泣き声。寝かしつけ後のゆったりした時間に、たまにハッとする。そして、たまに本当に起きて泣いていたりする。

色んな攻撃法があるが、娘が宇宙で一番かわいいので、なんでも許せる。もちろん、痛いことをするのはダメよ。と根気強く注意し続けるが、0才児がわかる訳もない。でも、いつかわかってくれるので、言い続けることが大切。

距離が近いからこそ、生まれる傷。毎日、抱っこをたくさんするから。おっぱいをたっぷり吸わせるから。顔を近づけて、ほっぺをスリスリするから。すべての傷は、日々、しっかり愛している勲章だ。色んな痛みも娘との大事な思い出。腕にできたカサブタを見ながら、「うちのこは、作るカサブタまでかわいいわぁ。」なんて、ニヤニヤできちゃうものなのだ。

このページを
保存する

かみやかやこ

PROFILE

かみやかやここのライターの記事一覧

多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。デザイナーを経て、イラストレーターとして独立。2018年に女の子、2021年に男の子を出産。愛情たっぷり注ぎながら、子育てを楽しんでいる。好きなものは、海、コーヒー、いい香り、植物、ドラマ、美容情報、美味しい食べ物、アイドル。
http://kamiyakayako.com/
https://www.instagram.com/kamiyakayako/

(制作 * エチカ)

NEW 新着記事はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

2021/10/7

出産祝いをリクエストするならコレ!助産師が選ぶもらってうれしい出産祝い6選

2021/1/8

【小児科医が解説】赤ちゃんの風邪で病院を受診する目安は?小児科と耳鼻科どっちがいい?

2020/12/2

悩ましい赤ちゃんの便秘。家庭でできる改善方法と病院に行くべき目安【小児科医が解説】

2021/7/8

赤ちゃんグッズはなぜ消毒が必要なの?いつまでする?消毒の方法と注意点を助産師が解説

2018/12/3

クリスマスを親子で楽しもう!ゲームやアドベントカレンダーなどアレンジ自在に楽しめる、紙コップでつくる…

2021/7/7

妊娠中に料理酒を含む食事、洋酒入りお菓子は食べられる?アルコールはどこからNG?

2021/8/18

赤ちゃんはなぜ泣くの?泣く原因と対処法を知って育児をラクに!【3児ママ小児科医が解説】

2020/2/4

「チーム育児」のきっかけは、ある先輩ママの言葉だった。「育児イマ LABO」第5回・松本光広さん

2021/11/11

ヘアカットの分担

2021/10/7

出産祝いをリクエストするならコレ!助産師が選ぶもらってうれしい出産祝い6選

2021/1/8

【小児科医が解説】赤ちゃんの風邪で病院を受診する目安は?小児科と耳鼻科どっちがいい?

2020/12/2

悩ましい赤ちゃんの便秘。家庭でできる改善方法と病院に行くべき目安【小児科医が解説】

2021/7/8

赤ちゃんグッズはなぜ消毒が必要なの?いつまでする?消毒の方法と注意点を助産師が解説

2018/12/3

クリスマスを親子で楽しもう!ゲームやアドベントカレンダーなどアレンジ自在に楽しめる、紙コップでつくる…

2021/7/7

妊娠中に料理酒を含む食事、洋酒入りお菓子は食べられる?アルコールはどこからNG?

2021/8/18

赤ちゃんはなぜ泣くの?泣く原因と対処法を知って育児をラクに!【3児ママ小児科医が解説】

2020/2/4

「チーム育児」のきっかけは、ある先輩ママの言葉だった。「育児イマ LABO」第5回・松本光広さん

2021/11/11

ヘアカットの分担

妊娠・出産・育児は、
わからないことがいっぱい。
悩み過ぎず、自分のペースで
行える育児のカタチを紹介していきます。
コモドライフとは?
コモドライフ編集長NOTE