オガワナホ

先輩パパとママの毎日コラム

vol.392

オガワナホのいろいろ子そだて記「スーパーウーマンにはなれない」

お母さんになると自分のライフスタイルはどう変化するのでしょうか。イラストレーター・オガワナホさんも変化があったようです。

オガワナホのいろいろ子そだて記「スーパーウーマンに... オガワナホのいろいろ子そだて記「スーパーウーマンに...

大学卒業後会社に入ることはなく、ずっと1人でイラストレーターとして活動してきました。宝くじには当たった試しがないけど、20年ほど仕事を続けられてきたので運は良かったのだと思います。フリーランスには産休・育休中制度があるわけではなく、仕事をしなければ無収入だと気がついたのは出産直前のこと。長い間仕事をお休みしたり、お断りしたりすることは初めてのことで、不安しかありませんでした。予定帝王切開だったので、ギリギリまで仕事をして出産。生後3ヵ月くらいでタイミングよくお仕事をいただく機会があったので、ゆるーく再開しました。幸い夜はよく寝てくれる子だったので、子どもを寝かしつけてから仕事をしたり、朝方に起きてやってみたりと仕事と育児の両立を模索しながらの仕事復帰となりました。

が、もちろん今まで通りにできるわけがなく、集中力もとぎれとぎれ。産後の記憶力の低下で締め切りを勘違いしてしまったり、指示通りにできなかったり、体力的にもやはりつらい…。久しぶりに手を動かし絵を描くことは楽しいのに、思い通りにいかず。せっかくお声がけいただいたクライアントさんにもご迷惑をかけまくりで猛省ばかり。そしてテンパっているときに限って体調を崩すベビー。今思えば、人生を始めたばかりなんだから、しかたがないよね、と大きな気持ちでいられますが、当時は焦ってばかり。目の前のベビーのことは全てが愛おしく幸せなはずなのに、全てが中途半端で落ち込み、「あれもやりたいのに、これも試したいのに、全然何もできていないっ!」と焦ってばかり。世のママたちはどうやって仕事も育児もスマートにこなしているのか、みんなに聞いて回りたい気分でした。くすぶっている自分にイライラしたり、他の人の活躍をみて落ち込んだりなどなど、毎日の感情の起伏の激しいこと、激しいこと。

お子さん/仕事中のイラスト

子どもの前で夫婦喧嘩をしないようにと誓っていたのに、日々のイライラが募り、夫に大きな声でどなってしまったり、気持ちをコントロールできない状態が続きました。産後、ちょっとしたハイな状態で、自分が高齢出産で体力的にも大変なことも忘れ、何でもできるような気がしていました。気持ちの浮き沈みが激しく、わたし、なんだかまずい状態なのでは!?と気づいたのは、しばらくしてから。イライラが増すばかりで、どうしようもなくなり、ママ友から教えてもらった「母と子どものためのカウンセリング」へ行ってみることにしました。

女医さんから、妊娠出産は体力的にも精神的にも女性にとって大きな変化で、全てを今まで通りにやるのは誰でも無理。例えるなら、今は骨折中で何もせず安静にして回復する必要があるのに、あれもこれもやろうとしている状態なのだとか。不思議な例えですが、自分がそんなに大変な状況だとは思ってもおらず、先生の言葉に、はっとしました。「部屋にほこりがたまっていても、すぐに洗い物をやらなくても死にはしません!だから無理しないで!」と言われ、なんだか笑ってしまいましたが、気持ちが軽くなりました。あと、男の人が察することは難しいので、やってほしいことはどんどん口に出してパートナーにもやってもらってくださいとも。その言葉を真に受け、わたしはさらにずうずうしい妻になりました。

なるべく、がんばりすぎないことを心がけていたら、いつのまにか気持ちも落ち着き、無理せず気長にやろう!と思えるようになりました。

オガワさんの描くイラスト

世の中、家事もこなし、子育てもこなし、さらに仕事もがんばるキラキラ輝くママって素敵!みたいなイメージが先行していて、自分とのギャップに落ち込むママさんも多いのではないでしょうか。先生の言葉ではないけれど、「そんなスーパーウーマンいませんから!」と言いたいです。借りられる手が我が家はないけれどないなりに夫や親戚、家事代行、シッターさんなど、とにかく借りられる「手」はなんでも借りて、1人で抱えこまず、無理しないことが一番だなと思います。子育ては母親だけの役目ではなく、パートナーの参加も不可欠。みんなでずうずうしくいきましょう!

なーんて偉そうに言いつつ、わたし自身、今も良きバランスを探りながら毎日を過ごしています。もちろん焦る日もあるけれど、「ま、いっか!」と思うことが増えました(部屋はずっとちらかったままです)。2才8ヵ月になった娘も、「ま、いっか!」が口癖になり、いいんだか、悪いんだか…。でも、おおらかで大きな気持ちでいられてるということにして、よしとしましょう。

オガワナホ

PROFILE

オガワナホこのライターの記事一覧

日本、アメリカ、台湾、香港など国内外で活躍中のイラストレーター。書籍や雑誌、文具などのグッズのほか絵本も手掛ける。ご主人・娘さん・愛犬と4人でのんびり東京暮らし。
www.naho.com

(制作 * エチカ)

NEW 新着記事はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

2019/11/1

陣痛の時もスイーツ!?

2021/1/30

分娩方法の種類はなにがある?バースプランはどう作る?産婦人科医が解説します!

2020/12/1

ママやパパの体の負担をラクにする「疲れにくい」抱っこの姿勢とは?

2021/1/31

最新の沐浴はガーゼ不要?!新しい沐浴方法のメリットや正しい手順を小児皮膚科医が解説!

2020/11/10

【ママ助産師が選ぶ】出産で本当に役立つ入院バッグに入れておきたい持ち物リスト

2021/1/26

妊娠中のおなかの張りは受診するのしないの?張ったらどうすればいい?【産婦人科医が解説】

2016/7/12

これがお手本!上手に赤ちゃんに母乳を飲んでもらう方法。

2021/3/2

まだまだ新米おかあさん「ひらがなの名前をつけた、そのわけ」

2019/5/27

ユーチューバーEllieさん「私たち夫婦は娘の子育てチームです」

2019/11/1

陣痛の時もスイーツ!?

2021/1/30

分娩方法の種類はなにがある?バースプランはどう作る?産婦人科医が解説します!

2020/12/1

ママやパパの体の負担をラクにする「疲れにくい」抱っこの姿勢とは?

2021/1/31

最新の沐浴はガーゼ不要?!新しい沐浴方法のメリットや正しい手順を小児皮膚科医が解説!

2020/11/10

【ママ助産師が選ぶ】出産で本当に役立つ入院バッグに入れておきたい持ち物リスト

2021/1/26

妊娠中のおなかの張りは受診するのしないの?張ったらどうすればいい?【産婦人科医が解説】

2016/7/12

これがお手本!上手に赤ちゃんに母乳を飲んでもらう方法。

2021/3/2

まだまだ新米おかあさん「ひらがなの名前をつけた、そのわけ」

2019/5/27

ユーチューバーEllieさん「私たち夫婦は娘の子育てチームです」

コモドライフ編集長NOTE