きなこ

先輩パパとママに教えてもらいました!

vol.40

赤ちゃんから遊べる!足や手で不思議な感触を楽しもう♪ひんやりちゃぷちゃぷ手作りウォーターマット

Instagramにアップする子どもとの暮らしが大人気のきなこさんに、赤ちゃんから楽しめる手作りおもちゃを教えてもらいました!今回は、前回のウォーターバッグをひと回り大きくしたウォーターマットです。

赤ちゃんから遊べる!足や手で不思議な感触を楽しもう... 赤ちゃんから遊べる!足や手で不思議な感触を楽しもう...

ハイハイして歩いて寝転んで楽しい、大きなウォーターマット

前回ご紹介したウォーターバッグをもっと大きなサイズで作り、全身で楽しめるようにアレンジしてみました。材料や作り方はウォーターバッグとほとんど同じですが、袋のサイズを大きくすることで、全身で不思議な感触を味わうことができますよ♪

準備するもの

材料

作り方は「小さなサイズ編」をご覧ください。布団用の大きな圧縮袋の場合は水の量が多く重たいので浴室で水を入れるとやりやすいですよ。

水を入れる前のウォーターマット

遊び方

「袋の上をハイハイしたり、歩いてみよう♪」
ちゃぷんちゃぷん水が揺れて、まるで水の上にいるような不思議な感触を楽しめます♪

袋の上をハイハイしたり、歩いてみよう♪

「袋の上でごろんと転がってみよう♪」
袋の上で寝転がってみるとどんな感触かな?ひんやり冷たい水が腕や足に当たって気持ちいい♪水が揺れる音も心地よく聞こえてきます。

袋の上でごろんと転がってみよう♪

「目で見て楽しもう♪」
中には何が入っているかな?袋の上を歩くと、まるで海の中をおさかなさんたちが泳ぎ回っているみたい。広い海の中、生き物探し遊びをしてみよう!

目で見て楽しもう♪

このウォーターマット、息子が上で飛び跳ねたり走り回ったりしても、大人が上でゴロゴロしても意外と丈夫♪我が家でも一夏たっぷり楽しみましたが全く破れることはありませんでした。

水漏れが不安な方は浴室、湯船の中に敷いて遊んでも楽しいですよ♪

水がひんやり冷たくて、感触も音も心地よく、子どもだけでなく大人も癒されてしまうこの遊び。暑い夏のおうち遊びにぴったりです。お子さんと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

【編集部よりお願い】
手作りおもちゃでお子さんと遊ぶ場合は、必ず大人の方が付き添い、安全面にご注意ください。

きなこ

PROFILE

きなここのライターの記事一覧

夫と息子と3人暮らし。家族で過ごす日常の風景を撮影したり、子どもと一緒に手作りおやつや工作を楽しむのが趣味。暮らしや育児を楽しむアイデアをblogで紹介中。
https://www.instagram.com/kinako_710/

(制作 * エチカ)

NEW 新着記事はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

2020/2/20

初めてのお宮参り

2021/4/23

【新生児の準備リスト】絶対必要なベビーグッズ、あると便利なベビーグッズを助産師が解説

2019/8/9

赤ちゃんから遊べる!足や手で不思議な感触を楽しもう♪ひんやりちゃぷちゃぷ手作りウォーターマット

2016/7/12

これがお手本!上手に赤ちゃんに母乳を飲んでもらう方法。

2021/5/13

沐浴の役割

2019/8/9

赤ちゃんから遊べる!足や手で不思議な感触を楽しもう♪ ひんやりちゃぷちゃぷ手作りウォーターバッグ

2021/4/24

赤ちゃんの保湿剤の選び方とQ&A!スキンケアに関するパパママの疑問に皮膚小児科医が回答

2021/1/26

妊娠中のおなかの張りは受診するのしないの?張ったらどうすればいい?【産婦人科医が解説】

2021/5/19

妊娠中にアボカドは食べてもいいの?メリットと注意点を専門家が解説

2020/2/20

初めてのお宮参り

2021/4/23

【新生児の準備リスト】絶対必要なベビーグッズ、あると便利なベビーグッズを助産師が解説

2019/8/9

赤ちゃんから遊べる!足や手で不思議な感触を楽しもう♪ひんやりちゃぷちゃぷ手作りウォーターマット

2016/7/12

これがお手本!上手に赤ちゃんに母乳を飲んでもらう方法。

2021/5/13

沐浴の役割

2019/8/9

赤ちゃんから遊べる!足や手で不思議な感触を楽しもう♪ ひんやりちゃぷちゃぷ手作りウォーターバッグ

2021/4/24

赤ちゃんの保湿剤の選び方とQ&A!スキンケアに関するパパママの疑問に皮膚小児科医が回答

2021/1/26

妊娠中のおなかの張りは受診するのしないの?張ったらどうすればいい?【産婦人科医が解説】

2021/5/19

妊娠中にアボカドは食べてもいいの?メリットと注意点を専門家が解説

コモドライフ編集長NOTE