先輩パパとママの毎日コラムvol.542

愛するプニプニ「赤ちゃんを迎え入れる前にしたこと」

2022/11/10
愛するプニプニ「赤ちゃんを迎え入れる前にしたこと」 愛するプニプニ「赤ちゃんを迎え入れる前にしたこと」

イラストレーターかみやかやこさんの子育てダイアリー。妊娠中に赤ちゃんを迎えるにあたってしたこと。リビングや寝室を見直すのはもちろん、台所の動線や収納も見直し。さらに冷蔵庫をファミリーサイズに買い直した、というお話です。

赤ちゃんを家に迎え入れる準備。それは赤ちゃんグッズを買い揃えることはもちろん、その新たなグッズをどう日常に使いやすいように配置し、収納し、備蓄するか、だ。パパ・ママの新たな問題だ。

まずは、家の中に隙間を作る。ぐるりと部屋を見渡すと、一癖ある思い出の置物、大事なのに大事にされていない書類、行き場のない生活感。整理するべきときがやってきたものの数々だ。産まれてくる可愛い我が子のためを思えば、エイサ!と、あるべき場所へ動かせるのだ。

リビング、寝室は余計なものをなくし、角には丸みを持たせる。コードなど危険物は見えなくし、排除する。だが、リビング、寝室を安全に整えた!これで迎えられる!という訳でもないのだ。収納、台所など、赤ちゃんが主に立ち入らない場所にもお迎え準備が必要だ。

夫婦で整理

まだ引っ越して半年過ぎたあたりの私たち夫婦の家。パントリーなど無く、むしろ収納に困りがちで、やや狭め。赤ちゃんが産まれて落ち着いてから引っ越しは考えようか、ということにしていたので、ひとまず、今ある収納エリアで、見直しをする。

赤ちゃんは母乳やミルクを食すとはいえ、洗い物は出る。粉ミルク缶、哺乳瓶×3、赤ちゃん用スポンジ、赤ちゃん用布巾、哺乳瓶を逆さにして乾かす場所、おしゃぶり、消毒つけ置き場所。成長してきたら、ストローマグ、離乳食の食器、離乳食を作る調理器具、離乳食の食材、離乳食レトルト、離乳食冷凍キット。そのうち、水筒、お弁当箱、一緒にお菓子を作るクッキー型とかドーナツ型とか。成長とともに、新たに食器、食材は増えていく。かわいい柄や好みの色、限定コラボ、あれやこれや、子どもが食事を楽しんでくれるのならば、と、思わず買ってしまう。台所に物が増えていくことが、安易に想像できる。

赤ちゃん用品は清潔を保つためにこまめに洗う。そのため常にカラフルでかわいい子ども用品を乾かしている状態になる。乾燥させておく場所も整理して作らねば。さらに欲張れば、産後から料理をスムーズにできる収納導線を改めて考えたい。

安定期に入ってから、1人でぐいぐい整理を始めた。

我が家の場合、夫は料理はせず、台所には主に冷蔵庫を覗きにくるだけ。そのため、台所に関しては相談なしに置き場を変え、事後報告でも大丈夫なエリアだ。安定期に入ってから、1人でぐいぐい整理を始めた。

備蓄食材の収納を見直し、そこに増えるであろう離乳食の備蓄を収納できるようスペースを作る。粉ミルクは手に取りやすい場所に。消毒液は水場近くがいいかな。リビングから丸見えだけど、仕方ない。赤ちゃん用スポンジを吊るすフックはここに付けよう。やっぱりこっちか。ついでに料理の盛り付けがしやすくなるよう、小皿の場所はこっちにまとめよう。前にSNSで見た収納グッズ、買いたいなぁ、と、自分の陣地をより使いやすくする作業。嫌いじゃない。

次の台所の見直しは、湯沸かし要素だ。湯沸かしには、これまで、ヤカンを使っていた。あのカタカタカタ…と音がするあたたかい風景が好きなのだ。だが、出産を控え、ミルクを作るために、より早く湯沸かしができ、さらに温度調整できるケトルを導入した。浄水器でホットウォーターを出すのも便利だと思うが、そのころ住んでいた家には浄水器を置くスペースがなかった。

そして、一番大きな台所見直し、それは冷蔵庫。長女を妊娠していたとき、我が家の冷蔵庫は夫が一人暮らしで使用していたもののままだった。冷凍と冷蔵のみ。野菜室も欲しいし、冷凍庫には離乳食も入るから、もっとスペースが欲しい。冷蔵庫は買い替えしたいNo.1だった。洗濯機も大容量に替えたい気もしたが、増えても赤ちゃん1人分だし、そんなに莫大に洗濯物が急に増えるわけでもなかろう、と洗濯機は先に見送った。

いざ冷蔵庫を買い替えるぞ!と夫の腹を括らせたとき、本当にタイミングを見ていたかのように、使っていた冷蔵庫が壊れた。どこからともなく、おっきい氷が冷凍庫の中を支配するようになったのだ。買い替える気配を感じて、壊れたのかな…冷蔵庫ごめんね、今までありがとう。と、お別れをして、ファミリーサイズの冷蔵庫を手に入れた。長女とほぼ同い年の冷蔵庫だと思うと、使用年数も忘れない。

こうして台所の赤ちゃんお迎え準備は、ひとまず整ったのである。あとは実践して、生活しにくかったら、また微調整を繰り返すのだった。

かみやかやこ

PROFILE

かみやかやここのライターの記事一覧

多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。デザイナーを経て、イラストレーターとして独立。2018年に女の子、2021年に男の子を出産。愛情たっぷり注ぎながら、子育てを楽しんでいる。好きなものは、海、コーヒー、いい香り、植物、ドラマ、美容情報、美味しい食べ物、アイドル。
http://kamiyakayako.com/
https://www.instagram.com/kamiyakayako/

(制作 * エチカ)

RELATED 関連情報はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

妊娠・出産・育児は、
わからないことがいっぱい。
悩み過ぎず、自分のペースで
行える育児のカタチを紹介していきます。
コモドライフとは?
コモドライフ編集長NOTE