先輩パパとママの毎日コラムvol.544

愛するプニプニ「買ってよかった赤ちゃんグッズ」

2022/11/17
愛するプニプニ「買ってよかった赤ちゃんグッズ」 愛するプニプニ「買ってよかった赤ちゃんグッズ」

イラストレーターかみやかやこさんの子育てダイアリー。数多くある赤ちゃんグッズ。初めての子育てでは、何を購入すればいいのかわからない。本音は、ぜーんぶ便利そうだから、なんでも購入して試してみたい。かみやさんの中で、これはよかった!というグッズについてのお話。

赤ちゃんが産まれると、ショッピングが、より楽しくなる。もともと、買い物に出かけるのは好きだし、欲しい!と思えるものに出会ったときのトキメキは、恋にも似ている。とはいえ、自分のものは、すごく必要にならないと買わないし、家にあるもので代用できるものを探したり。必要そうなのにまだ使えるから、とエコ意識で使い続けることも多い。

でも、子どもの買い物は、別腹である。もちろん、足りているものに関しては買わないけれど、子どもが喜びそうなモノ。赤ちゃんが使いやすいデザインのモノ。発達をアシストしてくれそうなモノ。思いやり買い物、とでもいおうか。そこに自分(ママとして)の意思はあるのだが、子どものための買い物というのは、小さな日用品であっても、日常使いのギフトを選ぶ気持ちで買い物しているようだ。

しかし、そんな私も妊娠中は何を買えばいいのかわからない迷子ちゃんだった。初めての子育てグッズ専門店では、あまりの商品の多さに目があっちこっちに行き、結局パンフレットと会員登録だけしてもらい、何も買わずに帰った。そんな私の買ってよかった、日常大活躍グッズを発表したい。

買ってよかった、日常大活躍グッズ

お菓子入れ。赤ちゃんが大好きなボーロやせんべいは、そのままカバンに入れると、よく粉砕される。ぐずったときに慌ててカバンから出すと、原型をとどめないことも多々。ベビーカー下にカバンを無理やり収納したとき、パキパキ!と鳴り、おやつが粉砕したり。お菓子入れはなかなか必須アイテムだ。

なんといっても、哺乳瓶。完母の私だが、哺乳瓶は持っている。万が一、自分の乳が出なくなったとき。急にパパやばぁばにお世話をお願いするとき。そんなときのために、完母とはいえ、咥えることに慣れさせたり、ミルクも飲ませてみたり。もしものときの備え。ミルク育児の人は3本くらい持っているのだろうか。ちなみに私は母乳実感にした。ネーミングからして、なんだか頼れそう。

薄めの抱っこ紐。すぐ使わなくなったが、長女の入園式のときに購入した。フォーマルなスーツを着るとき、いつものしっかりした抱っこ紐だと、肩周りが筋肉スーパーマンみたいになる。しかし薄めの抱っこ紐を使えば、ガチコーン!という肩にならない。月齢は浅いうちにしか使えないが、何かフォーマルな儀式がある際にはあると便利であろう。

ウェットティシュケース。赤ちゃんがいると、ダイニングテーブル上には常にウェットティシュが置いてある。我が家も市販のウェットティシュをそのまま置いてあった。しかし、この4年ほど、ずっと我が家の卓上にある。きっとあと3年ほど、いやそれ以上、卓上にあるだろう。ずっと卓上に居座る子ならば、インテリア性を持たせたい。ということで、ティシュケースと合わせて、ウェットティシュケースも購入して、卓上で仲良く並んでいる。

大きめの雨よけカバー。これまた、ベビーカーの話。付属の雨よけカバーは、手押しの手元と赤ちゃんの足元を十分にカバーできる大きさではなかった。そのため、私の腕から手まで、座席下の荷物は雨が降ると、びしょ濡れていた。持っているのに、新たに買うのも…と、ずっと我慢して3年使用した。しかし、遊園地に行ったとき、大雨に遭い、さすがにこれはストレス!と、どのベビーカーにも付けられる位大きめのカバーを、遊園地にて急遽、購入した。これが大正解で、雨の遊園地も絶対的安心で楽しめた。

大量のボール

大量のボール。家でボールをざざざーっと流し出せば、あら不思議。家がアミューズメントパークになる。お片付けも運動会の曲を流して、みんなで競争したりして。このボールを拾う動きが、スクワットの動きに似ていて、結構運動になるのだ。それ以上増えることもないし、実は収納もさほど場所を取らない。

蓋付きコップ。使い捨てストローを挿す、蓋とコップだけの洗いやすいタイプ(スーパーなどでも売っている)だが、これが便利。野菜ジュースなど色移りする、絶対にこぼして欲しくない飲み物も、これならストローが染まることもなく、飲ませることができる。色別でどれが誰のかわかりやすいため、お友だちが来たときに出す飲み物にも最適。

以上が、私のおすすめ購入品の一部だ。みなさんのおすすめは何ですか?

かみやかやこ

PROFILE

かみやかやここのライターの記事一覧

多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。デザイナーを経て、イラストレーターとして独立。2018年に女の子、2021年に男の子を出産。愛情たっぷり注ぎながら、子育てを楽しんでいる。好きなものは、海、コーヒー、いい香り、植物、ドラマ、美容情報、美味しい食べ物、アイドル。
http://kamiyakayako.com/
https://www.instagram.com/kamiyakayako/

(制作 * エチカ)

RELATED 関連情報はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

妊娠・出産・育児は、
わからないことがいっぱい。
悩み過ぎず、自分のペースで
行える育児のカタチを紹介していきます。
コモドライフとは?
コモドライフ編集長NOTE