セキアキコ

先輩パパとママの毎日コラム

vol.82 子育てを、ちょっと素敵にする工夫「パパにお願い。ママと赤ちゃんの素敵な日常を写真に撮って!」~後編~

アメリカ・オレゴン州にあるアシュランドという芸術活動が盛んな美しい都市で暮らすセキアキコさんのアメリカでの子育てエピソード。

子育てを、ちょっと素敵にする工夫「パパにお願い。マ... 子育てを、ちょっと素敵にする工夫「パパにお願い。マ...

前編のつづき)

でもやっぱり上手に撮れない……

これはパパが撮ってくれた写真です。なんか暗くて、全体的にモヤっとしてるし、わたしも髪の毛ボサボサ(それは、自分のせい)。せっかく良い瞬間で構図も良いのにもったいない!

お昼寝

同じように「赤ちゃんの寝顔」がメインの写真でも、こちらの方が明るくて優しい印象です。ちなみに使用したカメラも同じです。

そこでわたしが思う、上手に写真を撮る4つのポイントは

1、明るい場所で撮る
2、ピントをきちんと合わせる
3、色んな構図を試してみる
4、「数打ちゃ当たる」スピリッツ

逆光を利用してシルエットに……、夕日を良い具合に背景に……、とか難しい事はやらなくて大丈夫です。

とにかく明るければいいと思います。そして明るい写真を撮る一番簡単な方法は、「明るい場所で撮る」こと。 昼間の屋外、天気の良い日の窓辺、明るい店内など、明るいなと思う場所で撮ればだいたい明るく写ります!(明るい所で撮ると、ブレる心配も少なくなります。)

かぶと 成功例横からの光を使ってみるのもオススメです。

ただ1つ注意するのが、逆光です。逆光というのは、太陽光や照明などの光が被写体であるママや赤ちゃんを後ろから照らしてしまっていることを言います。逆光で写真を撮ると、たとえ明るい場所であっても被写体が暗く写ってしまいます。

かぶと 失敗例逆光の失敗例。後ろの窓からの光が明るいため、赤ちゃんが暗く写ってしまっています。

逆光になってしまった時のオススメの対処法は、自分の立ち位置を90度変えることです。なぜ90度なのかというと、光が横から当たるので1つ前の写真のようにメリハリのある写真が撮れるからです。

2つ目のポイントは、ピントを合わせること。それなら簡単!と思うかもしれませんが、わたしが夫に写真を撮ってもらうと半分はピンボケ……。

ハロウィンパレードハロウィンパレードに行った時、夫に撮ってもらった写真。後ろにピントが合ってます…。

デジカメの場合はシャッターを「半押し」してピントを合わせるのですが、半押しした状態でカメラを動かす際にピントがずれてしまう事が多いようです。カメラのモニターでは画像が小さくてピントが合っているかわかりにくいので、ピントを合わせ直しながら何枚も撮っておくと安心です。何枚も撮っておけば、きっとどれかは成功してます!

3つ目のポイント「構図をちょっとだけ工夫する」ですが、これはほぼわたしから夫へのお願いです(笑)

夫に「ちょっと写真撮って」と頼むと、大抵そこからほとんど動かずカメラも渡された時のままで1〜2枚だけ撮って「はいっ、出来た!」その写真がこちらです。

キッチン 失敗例

逆光のせいで暗く、ピントも合ってないし、2人とも入りきってない……。

これではさすがにマズいと思ったのか、別の角度から撮ってくれた写真がこちらです。

キッチン 成功例

明るく撮れていて、ピントも合っていて(この写真の場合、ママか子どものどちらかにピントが合っていれば合格です!)、料理中のキッチンの感じもわかる。2人の顔は写っていませんが、夕食を作るわたしと料理のマネをする息子の一生懸命な様子が伝わってくるし、2人ともボーダーだし(たまたま)、これこそ何でもない日常の中の素敵なひとコマ!

この写真にたどり着くまでに、夫は色々と試してくれました。別の角度から撮ってみたり、近づいたり離れたり、縦の写真とか、色々と。失敗も沢山あったけど、そんなのは当たり前で、沢山の失敗作の中に1枚成功した写真があったら、それはもう大成功なんです!

そういうわけで最後、4つ目のポイントの「数打ちゃ当たる」です。

なぜママ達のスマホやパソコンには良い写真ばかりあるのか……。それは単に失敗作は全部削除したからです!わたしは夫に言いました。「20枚撮ったら8枚成功するかもしれないけど、5枚撮っただけで2枚成功してる可能性は極めて低い。」失敗作が沢山あるのはママ達だって同じです。パパ達が頑張っていっぱい撮ってくれた写真を見て、なんだ失敗ばっかりじゃんなんて思いません。ママ達はきっと、成功した素敵な1枚を見つけて、パパありがとう!と「お気に入り」に追加するはずです。

セキアキコ

PROFILE

セキアキコ

アメリカ・オレゴン州在住。サンフランシスコで写真を学んだ後、スタジオアシスタント、ブライダルカメラマンとして働く。
http://ameblo.jp/aco-84/

(制作 * エチカ)

NEW 新着記事はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

2018/3/29

スマホでママカメラ マタニティ&ベビーフォト講座 ワークショップレポート(フォトプロップス講座)

2016/7/12

これがお手本!上手に赤ちゃんに母乳を飲んでもらう方法。

2017/9/8

胎動の感じ方で、お腹の中の赤ちゃんの動きがわかる!?医師が教える胎動の種類とは

2018/4/13

働くプレママに聞きました!通勤マタニティコーデ、どうしてる?

2017/8/24

出産間近!赤ちゃんと会える日までに用意しておきたい育児グッズって?

2018/2/28

幸せな母乳育児の為に知っておきたい3つのポイント

2016/12/12

ベビーカー利用のママが新幹線を快適に利用するための「魔法の言葉」はこれ! 帰省も旅行も安心、かしこい…

2016/5/16

最初に選ぶなら、どんな妊婦帯?

2016/11/13

哺乳びんの除菌、もっと簡単にできないの?

2018/3/29

スマホでママカメラ マタニティ&ベビーフォト講座 ワークショップレポート(フォトプロップス講座)

2016/7/12

これがお手本!上手に赤ちゃんに母乳を飲んでもらう方法。

2017/9/8

胎動の感じ方で、お腹の中の赤ちゃんの動きがわかる!?医師が教える胎動の種類とは

2018/4/13

働くプレママに聞きました!通勤マタニティコーデ、どうしてる?

2017/8/24

出産間近!赤ちゃんと会える日までに用意しておきたい育児グッズって?

2018/2/28

幸せな母乳育児の為に知っておきたい3つのポイント

2016/12/12

ベビーカー利用のママが新幹線を快適に利用するための「魔法の言葉」はこれ! 帰省も旅行も安心、かしこい…

2016/5/16

最初に選ぶなら、どんな妊婦帯?

2016/11/13

哺乳びんの除菌、もっと簡単にできないの?