先輩パパとママの毎日コラムvol.549

愛するプニプニ「自分をややデリケートに扱いましょう」

2022/12/6
愛するプニプニ「自分をややデリケートに扱いましょう」 愛するプニプニ「自分をややデリケートに扱いましょう」

イラストレーターかみやかやこさんの子育てダイアリー。妊娠も子育ても身体を使うが、一方メンタルも鍛えられる。ママになるにあたり、成長する自分を励ますことは想像できるが、自分をデリケートに扱うことは、案外おざなりになったというお話です。

私は周りから、元気だねぇ、体力あるねぇ、と言ってもらえることが多く、自分でも体力には自信があった。小学校のときは運動好きで、駅伝、テニス、水泳、バスケと活発だったこともあり、基礎身体能力にはやや自信があった。

見た目がおっとりしているからか、意外に動けることによく驚かれる。そんな運動経歴によって鍛えられたスポ根精神が、子育てに役立っている。

メンタル面の気合、一球入魂、やればできる精神で、無理矢理突き抜ける子育てタイムスケジュールを過ごしていた。今では激しい運動はノーサンキューだが、たまにやるヨガや、日々子どもと遊ぶことを運動としている。元気さが取り柄だった。今思えば、過信とでもいおうか。しかし自分には、もう中高生時代の体力はないことに、もっと早く気づくべきだった。当たり前なのだが。

さすがにつわりは気力では乗り越えられない。つわり中は、そっとしておいてください…どうか1日20時間横にならせてください、という日々を送る。つわりとは長い付き合いになるし、どうも弱気になるし。個人的には、出産より乗り越えるのが辛い。どう乗り越えたか覚えていない。辛いことって忘れてしまうものだ。

娘との女子タイム

その反動か、つわりが終わって、かなり張り切った。もうすぐお姉ちゃんになる2才の娘と残りの一人っ子生活を充実させようと、たくさん遊んだ。一緒にカフェに行き、女子タイムもゆっくり過ごした。たくさん抱っこした。

初産のときも、安定期を過ぎたらどんどん動くべしとお医者さんから推奨され、動きまくっていた。妊婦さんってこんなに動いていいんだ!と驚くほどのインストラクター付きのプールエクササイズをしたり。片道2.7キロの病院まで、往復したり。転ばず、重たいものさえ持たなければよし。同じ解釈で2人目の妊娠中も過ごしていた。健診でも何も問題なく、お医者さんからも運動を推奨された。

さぁまもなく臨月!会いたい友達に会っておこう。ラーメン屋のカウンターにも行っておこう。安産のために、たくさん歩いておこう。もうすぐ年末だから、買い出しもしっかりしておこう。そんな詰め込み臨月手前を過ごしていた。片手に荷物置きのベビーカー、もう片手に娘を抱っこして東京の表参道を歩いていた私。歩くスピードが速い!と友達に驚かれた。

とはいえ、33才で2人目出産。何もないわけではなかった。

たまたま娘と2人で実家に帰省していた年末のある夜。お風呂上がりに出血をした。まだ35週。産院に連絡すると、すぐにきてほしいとのこと。父に車で40分ほどかけて、産院へ連れて行ってもらうことに。娘は母に頼み実家を出た。家にいた夫には産院に持っていく入院グッズの最後のまとめをしてもらった。そして、父に途中家に寄ってもらい、夫と荷物をピックアップした。

産院に着くと、私はすぐにおなかの赤ちゃんの様子と張りチェックのために、ベッドの上へ。帰宅になるか、入院になるのか。夫と父には待合室で待っていてもらった。結果、大丈夫だが無理は禁物。自宅安静を言い渡された。ということで、3人で実家に帰ることになった。

気持ちに余裕をもって過ごすことを心がけた。

待ち時間、何を話していたの?と夫に聞くと、私が生まれたときの話をしていたらしい。父と夫でそんな話をしているのが、意外だった。話すことがほかになかったのかもしれないが、こういう機会でもないと、そんな話もしなかっただろうに。父はどんな気持ちで産院の長椅子に座っていたのだろう。

ということで、その出血騒ぎ以降は、家でゆっくり、気持ちに余裕をもって過ごすことを心がけた。無理をしたのか、過信をしたのか。残り最低3週はおなかで赤ちゃんを育てたかったので、のんびりを心がけた。幸い、冷蔵庫は年末年始に向けてたっぷり食料が入っていたし、夫も休みだった。おかげで、無事、38週で出産できた。

妊娠中は無理と無茶をしない。教訓になる出来事だった。どうも動きすぎて体を休めることを忘れる私は、もう少し静の要素を取り入れたい。自分で意識して、静かにする時間を取り入れないといけないな。と思うのである。

かみやかやこ

PROFILE

かみやかやここのライターの記事一覧

多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。デザイナーを経て、イラストレーターとして独立。2018年に女の子、2021年に男の子を出産。愛情たっぷり注ぎながら、子育てを楽しんでいる。好きなものは、海、コーヒー、いい香り、植物、ドラマ、美容情報、美味しい食べ物、アイドル。
http://kamiyakayako.com/
https://www.instagram.com/kamiyakayako/

(制作 * エチカ)

RELATED 関連情報はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

妊娠・出産・育児は、
わからないことがいっぱい。
悩み過ぎず、自分のペースで
行える育児のカタチを紹介していきます。
コモドライフとは?
コモドライフ編集長NOTE