十倉陽子

子育てエール!専門家による、ママパパ応援コラム

vol.33

風邪をひいちゃった!お腹の中の赤ちゃんへ影響ってあるの?

妊娠期間は約10ヵ月あり、その間風邪をひいてしまったり体調がすぐれないこともあるかと思います。妊娠中は免疫力が低下すると言われていますが、それはなぜ起こるのでしょうか?また、風邪をひいてしまったときに赤ちゃんには影響があるのでしょうか。予防法とともに解説していきましょう。

風邪をひいちゃった!お腹の中の赤ちゃんへ影響ってあ... 風邪をひいちゃった!お腹の中の赤ちゃんへ影響ってあ...

なんで免疫力が低下するの?

お腹の赤ちゃんは、母親だけではなく半分は父親の遺伝子が組み込まれているため、ママの体は赤ちゃんを「異物」だと判断してしまいます。
免疫力は、異物を攻撃・排除する働きがあり、免疫力が高いままだと流産や早産を招く恐れがあるため、ママの体は妊娠をしたら免疫力を下げて赤ちゃんを守るのです。

風邪をひいたとき、赤ちゃんにどういう影響があるの?

通常の風邪の症状であれば基本的には影響ないとされています。ただし、インフルエンザなどで高熱が続く場合は、お腹の赤ちゃんへの影響が懸念されてきますので、症状が悪化する前に医師に相談するようにしましょう。また、自己判断での風邪薬の服用は避け、病院で適切な薬を処方してもらいましょうね。

予防するにはどうしたらいいの?

しっかり栄養と睡眠をとること、感染症が流行している時期には不要な外出を避けること、手洗いうがいをしっかり行うことが大切です。一緒に住んでいる家族からうつる可能性もありますので、全員に気を付けてもらうようにしましょう。

最後に

妊娠中の風邪を極度に怖がる必要はありません。どんなに予防していても、風邪をひいてしまうことはありますので、熱が出たり体調がすぐれないときには、かかりつけの病院などに早めに相談し、適切な検査や治療を受けるようにしましょう。妊娠中はご自身の体調管理や必要な栄養などを学ぶよいきっかけとしていただき、出産後の子育てにも役立てていただけますように。

十倉陽子

PROFILE

十倉陽子このライターの記事一覧

大学卒業後、総合診療、家庭医、地域医療を初期研修で学び、産婦人科医局に入局。
婦人科良性腫瘍手術、性感染症、女性医療、婦人科悪性腫瘍、周産期医療、新生児治療の研修を踏まえ、現在は不妊治療専門施設に勤務。体外受精を含む不妊治療を中心に、その他女性のトラブル全般に対応できる女性の全人的医療者を目指しています。二児の母。現在英ウィメンズクリニック勤務。

NEW 新着記事はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

2017/5/29

ちまたで話題のメニューで料理のやる気をUP! 『カクたこ』

2016/7/12

これがお手本!上手に赤ちゃんに母乳を飲んでもらう方法。

2020/2/10

赤ちゃんの頃の「思い出の品」を大切に保管するアイデア

2020/1/24

育児は〝点〟ではなく〝線〟で関わると、幸せがいっぱい!子育てインフルエンサー、木下ゆーきさんインタビ…

2020/2/4

「チーム育児」のきっかけは、ある先輩ママの言葉だった。「育児イマ LABO」第5回・松本光広さん

2020/1/23

初めての息子を連れての仕事

2019/10/11

赤ちゃんは大人が小さくなった体ではない?体の構造から考える抱っこの仕方とは

2020/2/6

初めてのベビーカー

2019/11/14

赤ちゃんの鼻水ケアに悩んでいたママに、鼻吸い器について聞いてみました!

2017/5/29

ちまたで話題のメニューで料理のやる気をUP! 『カクたこ』

2016/7/12

これがお手本!上手に赤ちゃんに母乳を飲んでもらう方法。

2020/2/10

赤ちゃんの頃の「思い出の品」を大切に保管するアイデア

2020/1/24

育児は〝点〟ではなく〝線〟で関わると、幸せがいっぱい!子育てインフルエンサー、木下ゆーきさんインタビ…

2020/2/4

「チーム育児」のきっかけは、ある先輩ママの言葉だった。「育児イマ LABO」第5回・松本光広さん

2020/1/23

初めての息子を連れての仕事

2019/10/11

赤ちゃんは大人が小さくなった体ではない?体の構造から考える抱っこの仕方とは

2020/2/6

初めてのベビーカー

2019/11/14

赤ちゃんの鼻水ケアに悩んでいたママに、鼻吸い器について聞いてみました!

コモドライフ編集長NOTE