篠﨑謙悟

先輩パパとママに聞きました!

vol.60 「3人目の妊娠の思い出」

一男二女のパパ・篠﨑謙悟さんに伺う、3人の子どもの子育てのお話。第1回は篠﨑家の3人目として生まれてきた次女の、妊娠中のエピソードについて聞きました。

「3人目の妊娠の思い出」 「3人目の妊娠の思い出」

ーーまずは篠﨑家の現在の家族構成について教えて下さい!

篠﨑
妻と3人の子どもの5人家族で暮らしています。しっかりものだけど、長女気質でおっとりしている長女・こころ(8才)。我が家のムードメーカーの長男・はるひと(6才)。3人のなかで一番手がかかる(笑)次女・うた(1才)の3兄妹。毎日賑やかですよ〜。

ーーとっても楽しそうですね!今回は3兄妹の末っ子、うたちゃんの妊娠中のエピソードについて伺いたいと思います。まず、妊娠が分かった日、どんなお気持ちでしたか?

篠﨑
仕事中に妻から妊娠検査薬で陽性反応がでたと、写真と共にメールで報告がありました。妻もですが、僕も子どもは3人欲しいと思っていたので、その報告を聞いてすごく嬉しく思いました。1人目2人目3人目と経験するごとに、不安な気持ちよりも喜びが上回っていくような気がします。心の底から嬉しい気持ちでした。

ーー上のお子さんたちには、どのタイミングで弟か妹ができるということを伝えましたか?そのときの2人の反応もぜひ教えて下さい!

篠﨑
安定期に入ってから、赤ちゃんのエコー写真を封筒に入れて突然2人に渡しました。エコー写真を見た当時4才だった長男の第一声は「宇宙やー!」でしたね(笑)。エコー写真に写っている赤ちゃんが自分たちの弟か妹だと分かったときは、2人とも大喜びでおなかをなでたり話しかけたりしていました。

エコー写真を見せて「この写真はなにかわかる?」と出題しました。エコー写真を見せて「この写真はなにかわかる?」と出題しました。「宇宙やー!」とか「はる?」とか「いずみちゃん?(友達)」とかのやり取りがあった最後に「えー!ママから赤ちゃん生まれるの!?」と正解した瞬間。

特に長女は幼稚園の七夕の短冊に書くくらい妹を待ち望んでいたようで(女の子同士で遊びたかったようです)、女の子だと知って大喜びで、誕生まですごく楽しみに過ごしてくれていました。

長男は妊娠したことを伝えた翌日に幼稚園でいろんな人に自慢して回ったらしく、あっという間に先生からママ友まで広がりました(笑)。長男の赤ちゃんがえりもなく、2人が妊娠を歓迎してくれてよかったです。

家でマタニティフォト的な写真を撮ったとき。家でマタニティフォト的な写真を撮ったとき。この写真をタコチューと呼んでます。

ーー3人の妊娠を経験された奥様ですが、妊娠中、子どもによって体の変化などに違いがありましたか?

篠﨑
つわりは長男のときが一番きつかったらしく、初期〜後期まで気持ち悪いのがずっと続いていました。3人目のときはつわりが軽かったので、普段どおりに家事と育児をしてくれて、とても感謝しています。ただ、上の2人の世話もありなかなかゆっくりはできなかったので、体重の増加が3人の中で一番少なかったそうです。

 2017年の初詣に行ったときに神社で撮った一枚。 2017年の初詣に行ったときに神社で撮った一枚。長女も入れて3人で撮りたかったけど従兄弟と遊んでいたので写っていません。

ーー篠﨑さんはどのように奥様をサポートしていましたか?

篠﨑
上の2人の世話などは普段から積極的にしているというのもあり、妊娠中だからといって大きく変わりはなかったと思います。妻がしんどそうなときは、2人を家から連れ出して遊びに行ったりしていましたね。妻が無理しすぎないか心配だったので、気分が悪くないか、体調はどうかを都度聞くように心がけていました。

ーー3人目のご出産の前に、家族で思い出作りなどはされましたか?

篠﨑
長女と3人で行った鳥取旅行中に長男の妊娠の兆候に気づいたという思い出があり、同じ鳥取に家族旅行に出かけました。

時期は安定期に入った5ヵ月頃。自宅から遠すぎず近すぎず、妊娠中で疲れやすいので適度な距離で、ということも考慮しました。

鳥取へ行ったのは9月後半だったけどまだまだ暑くて、砂丘を登るだけでみんなヘトヘトでした。長女は一度来た記憶を頼りに弟に砂丘はどんなところだとか得意げに教えていて、初めて砂丘を見た長男はお尻で斜面を滑り降りたり寝転んだりして全身で砂丘を楽しんでいました。

みんなで砂丘を歩いて頂上から海を眺めて、家族4人で写真を撮って、出産前に思い出を十分に作ることができました。

次女がもう少し大きくなったら5人でまた鳥取砂丘に行きたいなと思っています。そのときは長男が得意げに砂丘のことを教えて、次女が全身で砂丘を楽しむのかなとひとりで想像してニヤついています。

鳥取旅行で行った鳥取砂丘で三脚を立てて家族写真を撮影。鳥取旅行で行った鳥取砂丘で三脚を立てて家族写真を撮影。僕以外みんな裸足です。

ーー素敵ですね!最後に3人の妊娠を経験した先輩パパとして、これから出産を控えている読者のみなさんに、ひとことメッセージをお願いします。

篠﨑
最初は誰でも自分がパパやママになれるのかと不安だと思います。でも大丈夫です。いつの間にかなれます(笑)。3人の父親になった今から考えると、1人目が生まれる前が一番不安だったように思います。もちろん慣れもありますが、子どもたちに父親として成長させてもらったからだと思います。

2人目、3人目を考えてはいるけど大変そうだなと思っている方も、生まれてしまえばなんとかなります。意外と1人から2人より、2人から3人に増えたときのほうが大変さはあまり感じませんでした。出産や育児は大変なこともたくさんあるけど、それ以上に楽しいことでいっぱいです。一緒に子育てを楽しみましょう!

同じく鳥取砂丘でおなかの写真を撮りました。同じく鳥取砂丘でおなかの写真を撮りました。

ーーありがとうございました!次回は出産のエピソードについて伺います。

篠﨑謙悟

PROFILE

篠﨑謙悟

2009年生まれの女の子、2012年生まれの男の子、2017年生まれの女の子の3人兄妹のパパ。https://www.instagram.com/shino556/

(制作 * エチカ)

NEW 新着記事はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。