先輩パパとママの毎日コラムvol.511

ラフラフリアル 〜自然体で笑って子育て〜「“この世界へようこそ” −出産−」

2022/8/23
ラフラフリアル 〜自然体で笑って子育て〜「“この世... ラフラフリアル 〜自然体で笑って子育て〜「“この世...

イラストレーターのシンザトマリコさん。息子さんの書いた文章から、ご自身の出産を振り返ります。

「命」

“お母さんへ。
お母さん、命を生み出してくれてありがとう。
さいしょは、暗いトンネルの中、ちょっとさびしかったけど、
初めて光を見たとき、ママの顔が見えたよ。
ママ、すごくうれしそうだった。これからも命を大切にしようね。”

これは現在小学校4年生になった息子が、小3のときに書いた文章です。

「好きな漢字をひとつ選び、自分の思いを伝える文章を書く」という道徳の授業があり、息子が選んだのは「命」でした。

普段は、わんぱく&おふざけ大好き男子。「恥ずかしくて友達には見せられなかった〜」とはにかんでいましたがわたしはこれを見て、優しい子に育ったなぁと感動。とてもとても嬉しかったです(宝もの!)。

息子が誕生したあの日のことが蘇りました。

生まれたときにとった足型と並べて。(ノートの文章は、左から読みます)生まれたときにとった足型と並べて。(ノートの文章は、左から読みます)

10年前の5月の終わり。わたしは、初めての「出産」に挑みました。予定日を2日過ぎて小さな陣痛がやってきて、入院。何もかも不安でいっぱいで、弱気なまま、なかなか陣痛は進まず…。メソメソしていたら助産師さんに「それじゃあ生まれないよ!」と明るい喝を入れられ、覚醒。

そこからは前向きに、ものすごーーーく頑張りました。夫も来てくれて心強い中、お産を進めるためにスクワットしたり、お灸したり、院内の階段を上り下りしたり。夫はどうやら子宮にいいらしいというクランベリージュースを水筒に入れて持ってきてくれて、合間合間に飲んだ甘酸っぱい味もなんとなく覚えています。

長い長い陣痛を乗り越え、いよいよ出産の瞬間。自分に備わっている力の最大限、いや、それ以上の力と赤ちゃんの力を合わせて。ひたすら<体>に対峙します。最後は特大の力を振り絞って、やっとやっと、息子は生まれました。

“カンガルーケア”で胸の上に生まれたてほやほやの息子がやってきたとき、半ば呆然としながらも人生最大級の愛おしさと幸福感が体中から湧き起こり、「かわいいよ、かわいいよ…」と泣きじゃくりながら言ったことを覚えています。

カンガルーケア

分娩に立ち会ってくれた夫も母も「がんばったよ。えらかった。」と涙、涙。愛情と感謝がとめどなく湧き出します。生まれてきてくれた息子を大切に大切に育てることを誓いました!

この世界へようこそ。

生まれたその日から、24時間態勢のお世話が始まります。長丁場のお産で疲れきっているし、常に眠たいし、あちこち痛むしなんだかボロボロ。でも、あぁ、なんでこんなにかわいいんだろう…。と目の前の小さな息子を眺めては幸せな気持ちでバタンキュー、束の間の眠りにつくのでした。(あぁ、君はこんな顔をしてたんだね。こんな声で泣くんだね…結構ダミ声だねぇ…)

やっと会えた我が子は想像以上に可愛い!!

ママと赤ちゃん

産後、初めての沐浴までの間に息子から漂ってきた匂いはおなかの中の羊水の匂いだったのでしょうか。世界で1番愛おしい匂いに感じました。叶わないけれど、もう1度クンクン嗅ぎたい匂いNo.1です。

新米パパも誕生。おそるおそるおむつ替え。生まれたその日の朝、きっぱりタバコをやめていました。(なのにTシャツはSMOKING)新米パパも誕生。おそるおそるおむつ替え。生まれたその日の朝、きっぱりタバコをやめていました。(なのにTシャツはSMOKING)

退院してからはもう、待ったなしの「3人家族」の始まりです! 濃密すぎる新生時期。睡眠不足でブルー&ナーバスになったりしながらも1日1日を大切にかみしめて過ごしました。「この目の前の王子様を大きく育てるのじゃぁ!!!」という使命感。

母親が作ってくれたごはんをまとめたミニフォトブック

家族の協力もあり、修行僧のような(?)生活もなんとか乗り越えられた気がします。夫のサポートはもちろんなのですが、なんと言っても産後1ヵ月くらいの間、わたしの母が家に通って作ってくれた「栄養満点のごはん」が楽しみでした。なるべく和食で…とリクエストはしましたが、毎日いろいろなお料理を食卓に並べてくれて。このごはんのお陰で、頑張れたと言っても過言ではありません。のちに、作ってくれたごはんをすべてミニフォトブックにまとめて母の誕生日にプレゼントしました。(キョウコは母の名前。その当時、流行っていたレシピ本のオマージュです。)

寝かしつけ、おむつ替え、授乳、そして沐浴…とにかくその繰り返しだけれど少しずつ景色は変わっていきます。1ヵ月健診も無事に終え、息子の体重も1.2キロ増えて一安心。育児って「奮闘」なんだなぁ…!と思う新米母なのでした。

赤ちゃん
シンザトマリコ

PROFILE

シンザトマリコこのライターの記事一覧

イラストレーター。カメラマンの夫、小学生の兄妹と4人暮らし。インスタグラムでは子育てにまつわるイラストエッセイを更新。サリー・M・ローズマリーという名前で魔女修行エッセイも綴っている。
marikoshinzato-blog.tumblr.com

(制作 * エチカ)

RELATED 関連情報はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

妊娠・出産・育児は、
わからないことがいっぱい。
悩み過ぎず、自分のペースで
行える育児のカタチを紹介していきます。
コモドライフとは?
コモドライフ編集長NOTE