先輩パパとママの毎日コラムvol.555

火山のふもとで深呼吸「乾燥肌の季節がやってきた」

2023/1/16
火山のふもとで深呼吸「乾燥肌の季節がやってきた」 火山のふもとで深呼吸「乾燥肌の季節がやってきた」

浅間山の裾野に家族5人で暮らすピラティスインストラクター前村詩織さん。住んでいる地域がヨーロッパに似ているのは、気候だけではないようで…?

浅間山のふもとで暮らし始めて2年が過ぎようとしています。

窓の外の景色に季節のうつろいを感じ、毎日大きな空を見上げて深呼吸して…と書くとさぞステキな生活のように聞こえますが、もちろんウットリすることばかりではありません。心身の変化のなかでも悩んでいることがあり、それはズバリ“乾燥”です。

私が今住んでいる長野県御代田町は、標高900メートルほどあります。毎日ちょっとした山の上にいるようなものですから、紫外線の強さはまさに肌で感じるところ。年中強めの日焼け止めが手放せません。

それに加えて水の性質も違います。このあたりの水道水は、日本では珍しく硬水寄りだそう。ミネラル豊富なのはよいのですが、和食には軟水が合うからと、わざわざ湧水を汲みに行っているご家庭も少なくありません。そして硬水もまた、乾燥肌には手強い敵です。冷涼で湿度の低い気候も、水の質も、まるでヨーロッパにいるようです。

リビングから庭を臨む。すっかり秋色です。リビングから庭を臨む。すっかり秋色です。

さらにこの季節になると夕方から夜にかけて薪ストーブを焚きます。リビングで炎を眺めるのは至福ですし、身体全体を包み込む火のあたたかさは大好きなのですが…ストーブを焚くと、もともと低い室内の湿度が急激に下がっていきます。室内に干した洗濯物は一晩でカラカラに乾くほど。

乾燥、紫外線、硬水。このトリプルパンチでお肌はかなりのダメージを受けています。フキちゃんも私も、お風呂上がりの保湿が欠かせません。クリーム、オイル、ジェルなど、いろいろ試して、結局ピジョンのものに落ち着きました。薬局で手に入り、大容量で遠慮なく使え、かといって余計な成分は入っていないという逸品。リビングに置いて家族中で愛用しています。

ちなみにピジョンのベビーケア製品、夏は「ももの葉ローション」、冬は「ベビーミルクローション」、さらに乾燥する日は「ベビーミルクローション うるおいプラス」と使い分けています。

フキちゃん、仲良しのぬいぐるみにもクリームを塗ってあげています。フキちゃん、仲良しのぬいぐるみにもクリームを塗ってあげています。

そのほかにも、大きな加湿器を導入したり、薪ストーブの上に水を入れたやかんを置いたりして試行錯誤しています。それから皮膚科の先生に亜鉛を含むものを摂るように勧められました。外から内から対策して、今年の冬も乗り切りたいところです。

前村詩織

PROFILE

前村詩織このライターの記事一覧

ピラティスインストラクター。日本で十数名しか保有していないオーストラリアのピラティス国家資格を取得し、ASICS Sports Complex TOKYO BAYなどでクラスを受け持つ。2020年長野に拠点を移し、フリーのインストラクターとして働きながら一男二女の子育て中。
https://www.instagram.com/shiorilates/

(制作 * エチカ)

RELATED 関連情報はこちらから

RANKING アクセスが多い記事をランキング形式でご紹介。

妊娠・出産・育児は、
わからないことがいっぱい。
悩み過ぎず、自分のペースで
行える育児のカタチを紹介していきます。
コモドライフとは?
コモドライフ編集長NOTE